Vol.2 【株式会社コマツ】  
  超精密部品から医療機器分野まで、幅広くものづくりに従事  
     
   
 
埼玉県のお客様である株式会社コマツ様をご紹介します。

昭和42年に埼玉県蕨市にて、製造業として創業されました。事業内容は、ズームレンズの設計・製造、精密機械部品の製造及び試作、機能部品製作・組立、そして歯科医療機器の設計から製造・販売です。

 
 
     
   
 
超精密部品加工をメインとして、 大は航空機関係の部品、小は電子小物部品まで、また材質も、アルミ、ステンレス等の金属だけではなく、樹脂加工品まで、幅広くものづくりに従事されています。
こちらは、コマツ様の自社ブランド製品である『咬合機』(こうごうき)と『サベヤー』という製品です。歯科医師や歯科技工師が、入れ歯等を製作する際に使う製品です。咬合機は噛み合わせの調整に使用し、サベヤーは入れ歯の計測に使用します。このように、コマツ様は独自ブランドでの、医療機器のメーカーとしての顔も持っています。
 
     
   
 
その他の加工では、同時5軸加工や複合旋盤加工を得意とされ、 複雑な形状の加工も行っています。
ご覧いただいた医療機器分野でも、Mastercamを上手く運用され、 仕事を効率良く進められています。
 
 
     
   
 
コマツ様では、「信頼される企業」、「信頼される技術」、そして「信頼される製品」の3つの経営方針にのっとり、
お得意先様からのご要望にこたえるべく、 フレキシブルな技術によって、
新たに展開を見せる超精密部品の最新の技術に対応し、日々努力をされています。
 
 
 
  ※本内容は取材時の状況に基づき作成されております。現在の状況とは異なっている場合がございますので、あらかじめご了承ください。2009/01  
     
  Copyright(C)1999-2009 JBM, All rights reserved.