Vol.3 【有限会社那珂ポリマー】  
  多彩な樹脂切削加工で高い評価  
     
   
 
茨城県のお客様である那珂ポリマー様をご紹介します。

那珂ポリマー様は平成8年、茨城県常陸大宮市に工場を構え創業されました。
試作品などの少量多品種の受注が多く、1個のご依頼でも製作するとおっしゃられる「町の加工屋さん」です。
しかし、その加工技術の評価は非常に高く、半導体や医療機器、食品加工機械部品、その他様々な業界が必要とする、多彩な樹脂切削加工を営まれています。

 
 
     
   
 
樹脂切削において多大な実績があり、1m×2mの大型のワークから、直径0.3mmの穴あけ加工など、大きさや形状も、多種多様にわたっています。取り扱う素材も、ポム(POM)、ペット(PET)、アクリル、塩ビ、超高分子など様々で、中でもペット(PET)素材の加工は国内で5本の指に入るほど多く行っています。
また、部品加工や微細加工以外にも、マネキンのようなユニークな加工にも積極的に取り組んでおられます。
画像(右)のマネキンは、アクリルを使用した加工サンプルです。
 
     
   
 
どんな仕事であろうと、「何にでもチャレンジする事!」をモットーに掲げています。
ワークが大きすぎて機械に入らないなど、不可能なことでない限り、基本的にご相談頂いたお仕事をお断りされた事はない、ということです。
いつ、どんな仕事が来ても対応できるように、初動が遅れない為に、常に材料をしっかり確保しています。
那珂ポリマー様の強みは、とにかく短納期に対応可能であることです。
弊社がインタビューに伺った際にも、午後に図面が届いて翌日納期という仕事が入ってきて驚きましたが、那珂ポリマー様にとっては、別に珍しいことではないと仰っていました。
また、技術力の向上に対して非常に積極的な社員様が多く、「お客様から求められる以上の結果を出すんだ!」と常に考えています。
 
     
   
 
Mastercamや複合加工機などの充実した設備で、樹脂切削なら那珂ポリマーと言われるように、自社にしか出来ない仕事を今後もどんどん増やしていきたいとのことです。
 
 
 
  ※本内容は取材時の状況に基づき作成されております。現在の状況とは異なっている場合がございますので、あらかじめご了承ください。0902  
     
  Copyright(C)1999-2009 JBM, All rights reserved.