Vol.9 【株式会社丸善工機商会】  
  Mastercam導入で製品精度が向上、受注増に繋がる  
     
   
 
静岡県のお客様である株式会社丸善工機商会様をご紹介します。

丸善工機商会様は昭和34年4月、沼津市八幡町(ハチマンチョウ)にて機械工具販売業として創業され、「価格とスピード」を売り物に取引先を拡大する一方、昭和50年から鰻串打機の製造販売を開始されました。
さらに本年度より製造部を立上げられ、自社にて機械加工を実施され、お得意様の更なるニーズにお応えすべく、
新鋭加工機を設備し、社内加工にて成果を上げています。
現在の主な仕事の受注先は、圧倒的にエレクトロニクス業界が多いそうです。

 
 
     
   
 
具体的な加工対象としては、モーターや導体など、電動機器部品の加工が多く、加工する材質としては、アルミ・鉄・銅・ステンレスがほとんどという事です。
Mastercamを活用している加工事例としては、旋盤加工が完了した円柱形状の導体にある、フラット部分やザグリ部分、切り欠き部分などの、全ての角部分の3次元的な面取り加工に活用されています。
 
     
   
 
この面取り作業は、従来まで、納期に追われると営業社員まで動員して手作業にて、深夜まで作業していました。Mastercam導入後は、機械加工が可能になったおかげで、格段に生産性・品質が一気に向上し、製品精度が向上したので、お得意様からの信頼も高まり、受注増に繋がったとの事です。
常にお得意様の要望に対応できるよう、迅速に行動することをモットーとされています。
 
     
   
  現在、2年後のISO取得に向けて取得委員会を設置し、作業を進めております。
また、機械工具販売と共に、Mastercamも、今までに経験した実加工をもとに、お客様に提案をして行きたいとおっしゃっておられます。
 
 
 
  ※本内容は取材時の状況に基づき作成されております。現在の状況とは異なっている場合がございますので、あらかじめご了承ください。  
     
  Copyright(C)1999-2009 JBM, All rights reserved.