日本における代理店権について
2008年6月13日

関係者各位

本文書は、日本国におけるMastercam ソフトウェアの頒布契約を明確にするものです。

現在、Mastercam の正規輸入元はジェービーエムとゼネテックの2社があります。
Mastercamの開発元であるCNCは、これら2社とそれぞれ個別に頒布契約を結んでおります。

契約はいずれも非独占的なものとなっております。
両者ともに日本国内のどこででも販売を行い、頒布チャネルを設置することが契約によって認められています。

より詳しい説明が必要な場合は、私にお問い合わせください。

Gary Hargreaves
副社長、営業開発部門
CNC Software, Inc.


(注)上記2社以外に日本に於ける輸入業者は存在しません。紛らわしいカタログなどにご注意下さい。


 

弊社はMastercamを直接、正規に輸入していることはもとよりMastercamのインタフェース(画面周り)から、豊富に取り揃えられているマニュアル等の資料に至るまで、Mastercamに関わる様々なマテリアルを翻訳しています。日本国内の加工業界にフィットするよう、また、ユーザーの皆様がMastercamをスムーズに使って頂けるよう、細心の注意を払って適切な訳語を選定するように心がけています。

エンドユーザー様特約店様からフィードバックして頂いた機能強化要望を開発元へと迅速かつ正確に伝え、Mastercamの機能強化、品質向上に日々努めています。また、TV会議システムを使用してのCNC Softwareスタッフとのミーティングも必要に応じて行っており、メールでのやり取りだけではうまく伝達できないような複雑な問題もタイムリーにフィードバックしています。

新バージョンのリリース前には、これまでのバージョンで発生していた不具合を各技術担当者がそれぞれ検証し、さらなる品質の向上を図っています。

また国内代理店に対する技術指導、販売戦略の打ち合わせなど木目細やかな活動を推進いたしております。

日本におけるMastercamの最新情報は、これからも弊社JBMから発信されます。