会社案内>会長挨拶> 2010 back number
 
2010 会長挨拶
株式会社 ジェービーエム 代表取締役会長 佐野 泰治
2月 3月 4月 5月 6月
芒種
6月
夏至
7月
小暑
7月
大暑
8月
立秋
8月
処暑
9月
白露
9月
秋分
10月
寒露
10月
霜降
11月
立冬
11月
小雪
12月
大雪
12月
冬至
   

1月

新年明けましておめでとうございます。

皆様方におかれましては清々しい新年をお迎えになられたことと心からお慶びを申し上げます。
又、旧年中は一方ならぬお世話に相成り誠に有難うございました。心から御礼を申し上げます。

さて、弊社では二〇一〇年の今年を新たな飛躍の年と捉え、社員一同一丸となってお客様要望を取り込んだ新しい保守体制の構築と、全く新しい商品の開発に取り組んでおり、今春には概要が発表できるものと考えておりますので是非ともご期待いただきたいと思います。

弊社が輸入元であるMastercamも新バージョンX5が春から夏にかけてリリースされる予定であります。5軸機能や描画などの新機能が強化された、リニューアルMastercamが登場いたします。
又弊社独自で旧バージョンのお客様のための新たな取り組みを開始いたします。

詳しくは担当営業からご連絡をさせていただきますのでご期待下さいませ。

最後に、厳しい景況が続く中にありながら、全社員で41回目の新たな挑戦が出来る喜びを噛み締め、今年を過去最高の飛躍の年にする決意でございます。
お客様におかれましても是非弊社と共にこの厳しい景況を乗り越えて2010年を、思いで多きよき年に昇華させてまいりましょう。

平成22年1月吉日


 
2月
 

謹啓
1月23日に古都奈良の風物詩若草山の山焼きが行われ、初めて見物に行きました。
午後6時の時報と共に平城遷都1300年の1・3・0・0を見事に描いて見せた600発の花火で始まった山焼きは、6時15分に奈良市消防団員300名(ボランティア)により裾野から一斉に点火され、見る見る山頂へと炎が駆け上っていく、実に勇壮な火祭りでした。
遷都1300年の古都奈良の春はこの後お水取りを経て満開の桜と共に例年通り訪れることでしょう。

さて弊社では先月来webで予告致しました通り「JBM World Wide Forum」を開始いたしました。当面は試行錯誤が続くとは存じますが、加工の悩み、自社の自慢技術、工作機械メーカーへの提言、提携先探し、お仕事探し、他社CAD/CAMとの比較、海外動向の調査など色んなご意見をお寄せ頂くためのフォーラムです。

勿論海外からの投稿もあり今のところ13ヶ国語に対応しております。日本の方々は日本語で、海外の方々は夫々のお国の言葉で投稿できます。海外から投稿された内容もお好きな言語にボタン1つで翻訳できます。貴方が投稿した日本語が海外言語に翻訳されて新たなお取引の可能性が生まれるやも知れません。挙ってのご参加をお待ち致しております。

最後に、弊社では例年この時期全国各地で官公需の大量受注があり、今年も3月の納入時期は全社員をFULL動員するほどの状況になることが目に見えており手薬煉を引いている昨今でございます。民需におきましては、工作機械メーカー同様厳しい状況ではありますが新しいキャンペーンを通じて新たな受注獲得へと知恵を絞っております。
皆様方のお引き立て、ご贔屓をお待ち申し上げております。



平成22年2月吉日

 
3月
 

春は曙、やうやう白くなりゆく山ぎは、すこし明りて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。

で始まる枕草子の書き出しを思わせるのが裏生駒平群町の三月初旬の風景です。
我が家の枝垂れ梅も次に来る桜花の露払いのごとく密やかに咲いています。
三寒四温と言う言葉は朝鮮半島から伝わってきた言葉で、待ち遠しい春を自慰する意味で使っていたようです。我々日本人特に関西では奈良東大寺二月堂のお水取りの後、春という思惑が外れ、いきなり春が来ました。
そう言えば今年は土筆が異常に早くから頭をもたげ、冬眠している筈の蛇の出現には、朝の散歩中随分驚かされました。

さて、弊社では昨年10月より全ての仕事の「可視化」に取り組んでおり、効率的な日報システムと「縦横斜め会議」や官公需部門の強化が奏功し今月は創業以来最高の売り上げを達成する見込みです。特に、平成21年度中の官公需はMastercam1,300シート超という過去最高の受注を頂きました。
協働、協業して下さった山善様、大塚商会様はじめ、各都道府県をカバーして下さった多くの販売店様にはこの場をお借りして心から御礼を申し上げます。

尚、今月から6月にかけてMastercam旧バージョンユーザー様のためのセールスプロモーションが始まります。
旧バージョンご使用中のお客様には見逃せない内容になっております。
詳しくはwebをご参照頂くか、弊社または特約店迄ご照会くださいませ。


平成22年3月吉日

4月
 

冠省
鶯の鳴き声と共に、我が家の姫コブシと樹齢16年のそめいよしのが今満開です。姫木蓮、ライラック、菊桃も咲き始め、間もなく八重桜も追いつくことでしょう。照明で浮かび上がった夜桜を、薩摩切子に満たした大吟醸八海山片手にからすみを舐めながらのテラス花見は格別の趣があります。

さて、3月は弊社第41期上半期の終了月でございましたが、全員営業の取り組みと、社内改革が相まって、お陰様で好成績裡に通過致しましたことを謹んでご報告申し上げます。又毎年恒例の優秀社員表彰も今月の大切な行事として行われます。

4月中旬からは、既に実施いたしておりますバージョンアップキャンペーンに新兵器「Hybridmenu」を投入し旧バージョンご使用中のお客様に朗報をお届けする事になりました。
弊社とV8・9から最新バージョンへ契約更改して下さるお客様には無料の、HybridmenuがあればWindowsライクな最新バージョンのMastercam メニューと、旧バージョンを思い起こさせるツリービューメニューの2タイプを使い分ける事が出来ます。詳しくは弊社または特約店、代理店までお問い合わせ下さいませ。

更に、2月より開始いたしました「JBMワールドワイドフォーラム」もお陰様で軌道に乗りました。そこで今月より日本語による投稿を、英語熟練者が翻訳するサービスを開始しました。勿論無料でございますので、お気軽に「JBMWWF」に登録して皆様の情報を自由に世界へ発信して下さい。

弊社下半期は、新たに総輸入元になった商品の発売開始と共に、新商品の開発が着々と進行しており、MastercamX5の出る秋頃には皆様にお知らせ出来るように計画しておりますのでこちらもご期待下さい。

業界の景況も社団法人日本工作機械工業会から、少しずつ受注が回復してきているとの統計数字が発表されております。
メーカーにより受注に幾分のばらつきはあるものの年初の悲観的な予想から外需主導ではあるが上向きの兆候が出て来たようであります。
もう暫くの辛抱で加工業界は水面に浮かび上がれます。共に頑張りましょう。

謹言


平成22年4月吉日

 

5月
 

冠省
ハイチ、チリ沖、スマトラ島と立て続けに起きた大地震の後いきなり訪れた日本の春は、一暖六寒と言わぬばかりに一気に冬に逆戻りしました。続いて中国青海省で大地震が起き、今度はアイスランドで火山爆発、ハルマゲドンとはこの事かと思えるような状況が続いております。

この火山灰による経済的な被害は2001年9月11日のテロに匹敵するとも言われる程の広がりを見せ始めており、まさに地球規模の天災に対して人間の無力を感じる今日この頃であります。ヨーロッパへ新婚旅行中の社員がこの煽りを受け1週間遅れで無事帰国しました。
その反面、リーマンショックで始まった昨今の地球規模の人災は人の英知と勇気ある行動で必ずや解決できるものと確信致しております。

好例が4月13日から18日にかけて韓国ソウルで行われたSIMTOS(ソウル国際工作機械見本市)では韓国政府や中国政府首脳の強力なリーダーシップで、両国の景気がほぼ、戻ってきている様子が伺われました。東南アジアで景気の戻らぬ国は日本ただ一国となる状況であり、民主党政府の政治音痴、経済音痴はもはや笑い事では済まされません。選んだのも我々ですから修正するのも我々国民の責務です。間もなくそのチャンスが訪れるはずです。

さて、先月リリースいたしましたHybridmenu for Mastercamは予想通りお客様の大きなご支持を得て保守契約の更新に弾みがついております。特に5月中のセールスプロモーションでは無償特典がございますので、是非契約更改をお急ぎ下さい。

昨年度特殊で大型の工作機械はそれほど売り上げに落ち込みはなかったと言う情報もありますが、今年に入ってから、日工会発表によると国内の工作機械販売は少しずつ回復の兆しが見えてまいりました。ようやく2番底の恐怖は免れたような感じが致します。
アメリカによる執拗なまでのトヨタバッシングが早く収束することを祈りながら、弊社はお客様と協業しながら今後も新商品の開発など自助努力を積み重ね、この未曾有の大不況から間もなく脱出いたします、ご期待下さい


謹言


平成22年5月吉日

6月芒種
 
冠省
めまぐるしく変化する最近の事象や気象に月1回のご挨拶が追随できなくなり今月から二十四節気の中気、正節を目途にあいさつ文を更新することに致しました。
6月の中気である「芒種」とは、稲や麦など、芒(のぎ)のある穀物の種蒔きをする6月6日頃をさします。蟷螂(かまきり)や蛍が現れ始め、梅の実が黄ばみ始める頃でもあります。

話は変わりますが、前、現首相と立て続けにルーピー宰相が出現した結果近頃悲しくも可笑しな話が世間でまことしやかに囁かれております。
曰く「現首相は自分が友愛を象徴するハトだと思っているらしいが、中国人は彼をカモだと言い、アメリカ人はチキンだといい、沖縄の人はサギだといい、多くの日本人はガンだと鳥に例えて言っているというのです」

北朝鮮問題の最中お手々つないで韓国訪問・・オシドリって本当に仲良いんだから。
寂しすぎるお話ですが、これが実情なのです。「家貧しくて孝子出(いづ)」 諸外国に向かって堂々と日本の国益ための意見が言え、国力の回復強化と国民の幸せを実現する知恵と実行力のある宰相の出現を期待したいものです。

【現代版指きりげんまん】鳩ポッポバージョン
指きり拳万嘘ついても、針一本も飲〜まない、首切った!

さて、弊社はお陰様で、官公需の開拓や新商品の市場投入等が奏功し3月4月5月と売り上げの急回復が続いております。
この回復を本格的なものにするため6月は16日〜18日にかけてプライベートショーを兼ねたユーザー会を本社で開催する運びと成りました。
ユーザー様への感謝の気持ちをこめて、Hybridpath、Hsmworks、Hybridmenuの無償貸し出し、新商品セミナー、加工技術相談コーナー、ロボットを含む5軸加工実演などの企画に加え、社内の内装も一新し皆様のご来場を心待ち致しております。
 

6月夏至
 

冠省
夏至は1年中でお昼の時間が一番長い1日です、この日から冬至に向かって少しずつ昼の時間が短くなっていきます。
この時期の花と言えば紫陽花、この花の七変化が鬱陶しい日本の梅雨時をどれだけ明るくしてくれた事でしょう。学名のハイドランジアは水の器という意味です。    

瑞々しいお花の話しついでに、先月24日から6週間の予定でインターンを受け入れました。アメリカの大学ではマーケティングを専攻しているかわいい華のあるお嬢さんです。

はてさて、花の色は移りにけりな、いたずらに・・・前号まで首相の座にいたポッポちゃんが僅か9ヶ月の在職で「国民が政府の声を聞かなくなった」といって辞職したのは最後まで秀逸K.Yでした。俗に無知蒙昧、厚顔無恥、荒唐無稽、優柔不断どれもこれも当てはまるから、いたずらに・・・どころか始末に
負えないところでありましたが、剛腕氏を巻き添えにしたのが唯一お国へのご奉公だったかもしれません。来るべき参議院選挙では、菅鳩(緩急)織り交ぜた、なまくら公約で国民の目をくらますことなく、正直ベースのしっかりとした約束をしなければ国民の目は二度と民主党には向かないでしょう。

前号でお知らせ致しましたように、16日〜18日は弊社関西地区ユーザー会が内装を一新した弊本社で行われ、60社200名様のご来場を予定いたしております。
5月のわずか1ヶ月で100本強の販売を達成したHybridmenu for Mastercamと実機で実演するRobotmasterが今回の注目商品になりそうです。
尚、8月中旬頃にサンセットになる予定のMastercamV-9に対する取り組みも当日発表させて頂きます。
お客様には書面でご来場をご案内申し上げておりますが、お誘い合わせのうえ、多数のお客様のご来場を従業員一同お待ち申し上げております。

最後に、弊社の所属する財団法人日本工作機械工業会の発表で、工作機械の受注が急回復してまいりました。1月2月の100億円台から様変わりの3月は600億円4月が700億円5月が800億円と外需頼りながら右肩上がりの状況であります。2010年期初の想定目標値は上方へ修正されるのではないでしょうか。

イラチの菅首相が手早く、小鳩政権の失政による経済の閉塞感を解き放つことが出来れば国内景気は必ず回復するでしょう。


平成22年6月21日 夏至(皐月:さつき)

 

7月小暑
冠省
7月7日から23日頃までを二十四節気では小暑といい、これから愈々暑くなりますよと言う意味があります。体調管理には十分留意したいものです。わが街平群では先月植えられた稲が蛙の鳴き声と共にすくすくと育ち瑞々しい緑の絨毯に変化しだしました。梅雨は農家にとっては一休みできる季節です。 さて、今回は参議院選挙も有りますので、意見広告の様な少し硬い話をします。戦後導入された議会制民主主義は約65年続いております。この制度の悪習慣の一つが政権たらい回しと呼ばれる、民意を伴わない政権移譲でしょう。言い換えれば利権のたらい回しとでも言えるかもしれません。
政治家が永年に亘って、自分のための利権漁りと愚かな名誉欲による政争に明け暮れている間に、官僚組織は自分たちに都合のよい予算を作成して勝手気ままに税金を使い、絶対責任を取らなくてもよいシステムを築きあげました。
そして、今も組織的に着々と税金の無駄遣いに励みながら、身の保全を考え、国家に大損を与え続けていることを、厳しく監視し続けなければなりません。日本の国と地方合わせた公務員は400万人といわれていますが、これは明らかにインチキ数字であり、民間を装った天下り先が全国におよそ30,000機関あり、そこにも沢山の天下りと公務員もどきが在籍しているのです。 これら天下り先を縮小統廃合民間委託するだけで年間12兆円もの予算削減が出来るとの試算があり、消費税1%で2兆4〜5千億円の税収増との試算を考えると、消費税を5%上げる必要はこれっぽっちもないのです。
更にこの400万人にも切り込む必要があります。単純に一人当たりの年収を1000万円とすると年間40兆円もの費用がかかり、現在の税収を上回っているのです。手荒な話ですが、現状の20%の人員カットと残った320万人の15%給与カットで現在5%の消費税も不要になるのです。そんな中で赤字国債を発行して、合理化、給与カットもせず、公務員はぬくぬくと暮らし、国債発行で発生したツケを次世代、次々世代にまわすと言う非情さです。ご存知かもしれませんが、発行済み国債の利払いだけで毎年数兆円の税金が使われています。こんな無茶な事が国民の知らない所で行われているのです。 政治家は自らの利権に絡む事業を実現させるために公務員を手なづけ、公共事業で利益を上げる企業は、政治家に献金や選挙の集票マシンとして働き、公務員も政治家をバックにした自らの権限や裁量権を使って甘い汁を吸う。
この政・官・業の癒着構造がこの国の運営を誤らせ、そのツケを増税と言う形で一般国民に払わせようしている、まさに今の日本は、国民を無視した堂々たる汚職汚染行政組織国家なのです。
こんな政治風土に、こんな官僚行政組織にNOを突きつけるチャンスは常に選挙に参加するしかありません。 「家貧しくして、孝子(出)いず」と言います、今こそ100年の大計を立て勇気と自信をもって行動する政治家の出現を心底から期待します。下世話な話ですが最近一部の政治家から外国人にも投票権を、と言う話も聞き及びますが、この手の話は100年早いと私は考えます。 6月末までの営業活動について少しお話しておきますと、Mastercamの最新バージョンX5の英語圏リリースは予定より1ヶ月くらい遅れそうですが、弊社の国内リリースは10月頃と考えております。この時期に合わせて新しい商品開発も着々と進んでおりますのでご期待下さい。
又、4月に発売開始いたしましたHybridmenuの販売は誠に順調でお陰さまで保守契約の更新に拍車がかかっており、特に3月以降弊社の業績は急激に回復基調を辿り、今期の決算には大いに期待を持っております。
最後に、6月のユーザー会には多くのお客様にお集まりいただき盛大な催しになりました事厚く御礼申し上げます。又、当日ご協力賜りました、ROSECC様、サンドビック様にはこの場をお借りして厚く御礼申し上げます。

平成22年7月7日 小暑

 

7月大暑
 
冠省
毎年この時期に1〜2回は襲来する台風の代わりに、今年は梅雨とは言いがたい局地的豪雨が全国で発生し大きな被害が出ています。
天災は何時襲ってくるか知れません、明日はわが身と思いたくはありませんが、常々注意を怠ってはいけませんね。
いずれにせよ大暑(23日)の頃には梅雨も明けることでしょう。 管見で恐縮ですが今年の気象は日本の政治状況に似て実に異常です。政治の何たるかをしっかり勉強もせず次から次へと首相になる人達のお陰で、日本国民の政治に対する勉学が愈々進んでおります。
小鳩君達の退陣で上昇した党支持率を自分に対する支持と菅違いして、日本経済もギリシャ経済も一緒苦茶にした一部の保身財務官僚の意見を鵜呑みにし、小さな腹芸すら出来ない経済音痴君を、今回の選挙ではしっかり見届けました。
選挙結果からは、ほんの少しですが、若くて頼もしい政治家が現れる予感もしてまいりました。
私の予感が的中し、早くこの異常な政治経済状況からお客様と共に脱出したいものです。 さて、弊社第41期第3四半期は新商品の市場投入などが大きく寄与しお陰さまで好成績裡に経過致しました。
今月3日〜5日に開かれた山善主催「どてらい市」では先月の弊社ユーザー会でもご好評いただきましたRobot専用CAD/CAMシステム「Robotmaster」の実演がお客様の注目を浴び、大手製造メーカ
ー様からいきなりの大口商談を頂きました。
更に当月初旬発売の「次世代型工具ライブラリーiTools」は、既に多くのお客様にダウンロードされ、HybridmenuHybridpathと同じようにご愛顧いただいております。

弊社では現在も今後も新商品の開発を推し進めて、お客様のご要望に確実にお応えして参ります。
最後に、9月末の第41期決算まで余すところ2ヶ月半、社員一同全力で頑張り通す覚悟でございますので旧に増しますご支援ご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

草々

平成22年7月23日 大暑(水無月:みなづき)


 

8月立秋
 
冠省
梅雨明けと共に暦の大暑そのままの猛暑が襲来し今にも日本列島を焼き尽くさんばかりの勢いです。
そんな中、日本の政治は停滞したまま、井の中の蛙状態に気付かず内部抗争に明け暮れ、世界情勢どころではない情けなくも恥ずかしい状況にあります。
軍艦爆破問題で北朝鮮との駆け引きに拉致被害者家族や金賢姫さんを使う幼稚な判断は、日本国にとって何のメリットもなく、まさに笑止です。
経済面でも日本の国際競争力は1990年の1位から20年間で27位へ後退しており、国民1人当たりのGDP世界ランキングでもここ10年で3位から23位へと下り、偉そうにG7だG8だG20だと会議に出席している場合ではないのです。
熱帯夜の続く毎日ではありますが、政治家はしっかり頭を冷やし政治経済両面で的確な打ち手を繰り出し国際社会の一員としての役割を果たさねばなりません。

先月行われました日本工作機械工業会理事会で本年度受注計画の修正が経済調査委員会から報告され、当初の6500億円から8500億円へと上方修正されました。
内容的には中国を中心としたアジア需要が主で、欧米向けは、未だ戻しきれない状況であります。
弊社ではMastercam用アドオンソフトの開発等で厳しい経済状況にある市場を切り開いてまいりましたが、日本における加工現場の縮小は思ったより早く進んでおり、3年前から細々と試行で始めた中国市場へMastercam販売で本格的に進出すべきかの判断をする状況になってまいりました。この市場は非常に難しいオペレーションを求められるので、友好的な現地法人との合弁を模索する必要がありそうです。いずれに致しましても拙速は慎むべきだと考えております。

さて、弊社の第41期も残すところ2ヶ月となりました。7月までで、今期計画を達成済みのため残り2ヶ月でどれだけの積み増しが出来るかが楽しみであります。
来期発売を照準にした新商品の開発も順調に進んでおりますので、こちらも大変期待しております。 最後に、当月12日から16日は夏休みに入ります、お客様には大変ご迷惑をお掛けいたしますがお許しを頂きたく存じます。暑さ厳しき折から、ご自愛下さいませ。

草々

平成22年8月7日 立秋
 

8月処暑
 
冠省
葉月の謂れが穂張り月から来ているとの説通り平群の田圃に穂花が咲きだしました。この時期になると稲作農家は田圃の水を抜き、稲が地中深く根を張るようにすることで、秋の野分けに負けない体質を備えさすのだそうです。
昨今の混沌とした政治情勢から鑑み、稲を国民に例えれば、強く大きく育て立派に結実させる努力を国は放棄しているように見えます。
アメリカ便りの木原子も触れられているように、金権まみれの疑惑政治家から後を継ぎ、国歌や国旗に対する畏敬の念を持たないといわれた人がTOPの座にいる事は、実に嘆かわしい話であります。

管見盲語とのお叱りを承知で、世界体(せけんてい)に目を瞑(つぶ)ってでもこの際もう一度民意を問いしっかりとした識見を持つ総理大臣を世に送り出すことが日本の将来の為に必要なのではないでしょうか? ここ2〜3回、私のブログでは政(まつりごと)話が続き多くの読者から反響をいただきました。今後もぼやいたり呟いてみたいと思っておりますので忌憚のないご意見をお聞かせください。

monk@jbm.co.jp

さて、2001年からMastercam販売で世界1位を続けております弊社は2010年上半期もお陰様でTOPの地位を継続しております。
ユーロ安と言う追い風を受け景気回復で先行しているドイツ企業の追い上げはあるものの、私たちには40年間に亘って築きあげ、お付き合いをいただいている25,000社ものお客様がありますからそう簡単にこの位置は手放せません。
来月の
シカゴショーで新機能満載の新バージョンX5が英語圏向けに先行発売される予定になっていますが、日本でも10月初旬ごろ、遅くともJIMTOFにはリリース出来るように準備をいたしております。
二十四節気は温帯地方における季節の変わり目を教えてくれると同時に農作業の指針に成っている事が多く、まさに中国4,000年の歴史から来た生活の知恵の集大成であると私は思います。
海水の温度上昇で秋刀魚が採れないというニュースです。地球規模の異変が急速に進み日本の国が熱帯地方に成らないように願いたいものであります。
草々

平成22年8月23日 処暑 (文月:ふみづき
)

9月白露
 
冠省 
猛暑の荒れ狂った今年も白露の声を聞く昨今、朝夕大気が冷えて、平群町では稲穂に露が付き始め、早場米地方では早稲の刈り入れがすでに始まっています。
はてさて、先月で政話を終了させようと考えましたが、昨今の情勢から今回もう一度私の所見を申し上げることと致しました。

前回に引き続き管見妄語のそしりを覚悟の上で申し上げますが、自民党政治にお灸を据え国民がチャンスを与えた民主党政権には経済音痴と平和ボケが蔓延し、リーダー不在で、若手議員にもこの危機的状況を切り開く勇気ある行動のできる武士が一人も出なかった事は、もはや国民にとって災難だと断言できます。

現政権は早急に積極的な景気浮揚策としての雇用対策と思い切ったドル買いを実施し当面の円高、株安に対処しなければこの国の未来を益々不透明なものにしてしまいます。今回の民主党党首選挙で党員票とサポーター票の中に在日外国人票が多数混じっている事をご存知ですか? 菅、小沢両君の得票が拮抗していると言う予想の中で、外人票が首相を選ぶと言う危険性があるのです。

勿論日本国憲法では許されていないことであり、一政党の勝手な規約で日本国首相が選出される事を許してはなりません。民主党は選挙結果と同時に外国人票数を公表する必要があります。百歩譲って、どちらが当選したとしても、例え4年間で首相が5人、6人だと笑われようが政治システムを変えることができない今、最も正しく国民に理解してもらえる選択として今回選出される首相は民意を問うべく衆議院を解散し新しく勇気と識見のある人材に登場していただくことがこの国を救う最速の方法ではないでしょうか。
今回も、是非読者の忌憚無きご意見をお待ちいたしております。monk@jbm.co.jp

さて、当月末で弊社第41期(満40年)が間もなく終了します。社内体制の改革などの結果、お陰さまで大きく景気に振り回されること無く、予定数字を上回るまずまずの成績で決算を迎えることが出来そうでございます。

ご指導ご愛顧賜りました関係各位にはこの場をお借りして心から御礼を申し上げますと共に来期の更なる飛躍をお誓い申し上げます。
10月はじめにアメリカ東海岸バージニア州アービントンでMastercam開発元の主催する世界TOP10会議が行われます。この時はすでに英語圏ではMastercamX5がリリースされている事でしょう。日本では前号でもお知らせ致しましたように遅くともJIMTOF頃には新機能を満載してリリースいたしますので今しばらくお待ち下さいませ。

弊社ではご満足頂ける商品のご提供と心のこもった営業活動を通じて、利用頂いたお客様と社員が共に感動できる会社に限りなく近づけるように努力を致してまいります。
弊社第42期も引き続きご指導ご愛顧ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

草々


平成22年9月8日 白露

9月秋分
 

冠省
季節の移ろいを感じる毎早朝の散歩を楽しみにしていますが、連日連夜の暑さの所為で、田畑の畦が真っ赤になるほどの彼岸花が今年に限り、まったく咲きません。地元の古老に聞いてもこんな経験は初めてだとの事でした。
何時までもこんな暑い気候が続くとは思えませんが、今回熱くなっている私のブログは、教育と中国についてです。

元来、日本人は国を愛することでは人後に落ちないと自負できる人種でありました。私は数年前からゆとり教育と称する頓珍漢な制度の見直しを強く訴えてきました。
やっと昨年制度の見直しがなされましたが、過去12年間に亘って1人当たり1900時間もの教育機会を奪い、無教育な子供たちを大量生産し、何も感じず、責任も取らない文部科学省の役人と教師、その子供たちが又教師になると言うまったく先の見えない悪循環、尖閣諸島って何?と平気で言える日本人と日本が嫌いな日本人を再教育するのは喫緊の課題であります。
是非とも、日本政府は国境の警備を更に強化すると共に、小日本と嘲笑う中華(敬意をこめて)に、正しい領海の考え方とその歴史を教えてあげましょう。
今の政治家や外交官に明治人の憂国の情と気魄に満ちた外交力は望むべくもありません。日露戦争ではギリギリのところでアメリカに仲介の労をとらせ日本を勝利に導きました。現在、日本国が在日米軍に毎年施している思いやりと称する無駄予算は全く機能していないのです。

最後に、会社業績につき少しお話をしておきますと、弊社の第41期決算はお陰さまで各地営業所から予想を上回る数字が出揃いました。主力商品のMastercamも新バージョンX5 発売に向けて開発が順調に推移し、弊社開発の新商品もこれまた順調に進み来期に向けた体制が固まりました。JIMTOFでのデビューが待ち遠しい限りであります。
9月11日の土曜日、久しぶりに全社員に出勤して頂き来年度営業計画の発表と来期に賭ける私の意気込みを社員にお伝えしました。
人財と組織の強化を計り、品質ISO9001を来年10月に取得する事も発表致しました。勤続満30年を迎えた社員が初めて出現したことも、嬉しい事でした。
私どもJBMはお客様と感動を共感できる会社造り社員造りを目指し全社一丸となって頑張りますので弊社第42期もどうぞご期待下さい。

草々

平成22年9月23日 秋分(葉月:はづき)

 

10月寒露
写真説明 1/TIDES-INNリゾート  2/小グループでのディスカッション
3/左・社長夫人 中央・佐野会長・右・副社長夫人
 
冠省
尾花に冷たい露が付き、日本を出る前のたわわに稔った稲穂が綺麗に刈り尽くされ、うれしい日本の秋が到来しておりました。
Web挨拶の遅れを気にしながらの10日間でしたが、米国出張から同行社員共々無事帰国いたしました。
今回のMastercam世界TOP10会議は首都ワシントンの南に位置するバージニア州アービントンの風光明媚なTIDES-INNリゾートで行われました。
シャンペン片手に深まる秋の夕闇の中、芝生庭園の焚き火に思わず引き寄せられる、とても綺麗で優雅な時間を過ごしました。
ホテルに併設された桟橋から出港するサンセットクルージングも充分楽しめました。
いつもの事ながらこの地の雄大さとゆったりとした、時の流れにアメリカの豊かさを今年も実感させられました。
そんな中、2001年以来Mastercam10年間連続世界販売1位の栄誉は突然訪れました。家族も含めた参加者全員の集まるCNC社主催のWelcome Partyでいきなりスピーチを求められ、参加者からの大きな祝福とCNC社長マーク・サマーズから祝辞と記念品の贈呈を受けました。これらの出来事は全て永年に亘るお客様のご愛顧あっての事であり、この場をお借りして心より深く感謝申し上げます。

さて、この度の会議ではCNC社が進む方向が見て取れる意義のある大きな進歩が見られました。それは、過去にはなかったM&Aや他社との提携による新製品の開発など、期待の持てる事柄が多くありました。
今月28日からのJIMTOFではCNC社から4名の参加があり首尾よくいけば新バージョンX5と共にその一端をお見せ出来るかもしれません。今回弊社が開発した特許技術を核とした新商品NCデータ最適化システムであるCAOシステム商品名{G-TANG}(時短)を欧米リセラーにお披露目致しましたところ、驚きに似た大きな反響を頂き、JIMTOFにおける弊社コマの目玉商品に成る予感がいたしました。
最後に、お陰様で弊社第42期は順調に船出をいたしました、お客様感動を勝ち取るため今期も社員一同全力で前進いたします事をお誓い申し上げます。

草々
 
 
平成22年10月8日 寒露

10月霜降
 
謹啓 
今朝目が覚めると庭のもみじに薄っすらと霜が降りておりました。私の日課である朝のドッグウォークには最も相応しい季節になりました。
アメリカから帰国以来早2週間余りが過ぎ去りましたが、早起き習慣の付いた年齢の所為か、今回は早朝にジェットラグで目が覚めてもそれと感じることなく、帰国以来毎日普通に出社しております。

さて、滞在中、アメリカに於ける日本の国内ニュース無視は徹底しており、小鳩がどうした賎獄や寒がどうのと井の中での騒ぎを繰り返す日本国内の話は彼らにとって何の価値も無いことを知らされました。
ただ尖閣問題だけは取り上げられ、残念なことに「外交は言葉の戦争である」と言う基本を知らない弱腰の現政権による無能対応と、中国のネガティブキャンペーンにより世界的には領土問題に格上げされました。

今すぐ公共工事で尖閣諸島の桟橋を整備し漁業基地を作り失業中で働く意欲のある老若男女を出来る限り多く上陸させて漁業に従事してもらい陸地で魚類の加工工場も作り毎日石垣島から定期船便で食料を補給する。
勿論海上保安庁は毎日巡視船で領海をくまなく見張り、島には必ず国旗を掲揚し実効支配の状況を世界に発信する。蝸牛庵子のご意見に賛同し私はこれを即刻実施する様に日本国に提案します。

さて、28日から東京ビッグサイトで国際工作機械見本市が開催されます。今回弊社では過去最大の16小間を確保して、Mastercam最新X5のリリースとRobotMaster、Icam、HSMworksなどの輸入商品と弊社が提唱するCAO Computer-Aided-Optimizationシステム「Gtang(時短)」の発表をさせて頂きます。

特に「Gtang」はボクセルデータとポリゴンデータを融合させた特許技術をコアとして、NCデータを自動的に最適化すると言う過去に例のない新しい発想のソフトウエアであります。来春発売に向けて現在は開発途中でありますが、是非ご覧頂きご批評を賜りますようお願い申し上げます。  

草々
 
平成22年10月25日 霜降(長月:ながづき)

11月立冬
 
冠省
富士山に初冠雪の後、 日本各地に木枯らし1号が吹き荒れはや立冬を迎えました。
去る10月28日から11月2日迄6日間に亘って東京ビッグサイトで行われました国際工作機械見本市[JIMTOF]では、弊社コマにお蔭様で過去最高4000名を越すお客様のご来場を頂きました。この場をお借りして厚く御礼を申し上げます。

多くの新商品を展示させて頂きましたが、弊社が世界に初めて発表しご提案させて頂いたNCデ ータ最適化システムCAO ソフト[GTANG]は弊社主力CAD/CAM商品であります MastercamX5やHSMWorksに勝るとも劣らぬ反響を頂き加工現場からの発想が新商品開発にとって如何に大切であるかを改めて確認させて頂きました。

来春発売に向けて開発員を増員し作業に拍車をかけて参りますので、今暫くのご猶予を賜ります様にお願い申し上げます。

JIMTOF会場における日工会主催事業やブースヘご来場のお客さま対応と海外仕入先企業5社から10名の来社があり、その応対に若い海外部門担当と共 に年齢も考えず活躍をした結果、思わぬしっぺがえしをうけてしまいました。

そんな訳で、ただいま私は病院で骨折の治療に専念いたしております。全治6ヵ月と宣告されても未だピンと来ないのは私の持つ鈍感力の所為なのでしょう。
暫く休めと言う啓示と思いたいのですが、日本中に蔓延しているこの何とも言えない閉塞感を打破し、現無能中途半端左翼政権が1日も早く終了する事を願いつつ、日本や世界の情勢などを冷静に考える時間として有効に使いたいと思います。

草々

平成22年11月08日 立冬

11月小雪
 
冠省
弊社東北営業所員から降雪情報が届きました、猛暑の裏返しか今年はどうやら寒い冬になりそうです。

私事で恐縮ですが、思わぬ事故から2週間が経過致しました。多くの皆様からお見舞いを頂きまことに有難うございました。
また、皆様に大変ご心配、ご迷惑をおかけ致しました事、この場をお借りしてお詫び申し上げます。
お陰様で日に日に快方に向かっており11月中には自宅療養に切り替える事に成りそうであります。
私は参加出来そうにありませんが、当月26日から29日にかけて社員旅行が行われます、久しぶりの海外旅行で社員の喜ぶ顔が目に浮かびます。

触れたくもありませんが、次々と馬脚を現す末期賎寒内閣はもはや政府の体を成さなくなって参りました。これだけ世界中に無様を振り撒き、国体を痛めつけ国民を失望させた政権は過去に例を見ません。一人や二人の辞職だけでは無く全閣僚は総懺悔後総辞職し民意の洗礼を潔く受けるべきではないでしょうか。

さて、弊社では42期開始と共に恒例の組織の見直しを行いました。前期実績の検証と反省に基づき新たな行動計画を策定しその実施を推進して参ります。
主な特徴は昨年に引き続き新商品の投入と教育市場の深堀強化、そして従来国内販売主体であった経営政策を開発陣強化による自社商品開発と並行させnetによる海外販売にも注力する事にあります。既にWeb決済システム構築も終わり投入商品の選別に入っております。

お陰様で官公需部門は先日開札された来春納入の学校案件の受注もはやばやと決まり、幸先の良いスタートとなりました。
更にJIMTOFで世界的な注目を浴びましたNCデータ最適化ソフト[GTANG]は多くの皆様から頂きましたアイディアも加味して投入時期の調整に入りました。
JBMは50周年に向け力強く前進しておりますので、今後もどうぞご期待下さいませ。

草々


平成22年11月22日小雪 (神無月:かんなづき)

12月大雪
 
冠省
私事ながら、およそ3週間の入院生活から久しぶりに帰宅してみると庭の植栽は殆んど落葉し、北国からの積雪情報など季節通り師走を迎えておりました。

入院中大変ご迷惑ご心配をおかけ致しましたにもかかわらず多勢の方々のお見舞いを頂きました事深く感謝し御礼を申し上げます。
当分は便利なIpadをお友達にして、自宅にて療養する予定でございます。

入院中はInternetやTVで日本政治の後退ぶりをじっくり観察出来ました。内外で次々と起きる重大な事件に対して、まるで他人事のように無責任な答弁と対応に終始した現無能政権の呆れ果てた姿勢を見聞きするにつけ、改めてこの政権を選んだ過ちと存続させる事の怖さを考えされられました。 さて、世界1位のMastercam正規輸入元としてお客様にご迷惑をおかけしない様に慎重なバグ検証を済ませた上、当月1日にMastercam X5リリースさせて頂きましたが、お陰様で順調に出荷が続いております。

X5リリースに併せて弊社製Cーhooksも同時にリリース致しております。年内はJIMTOFで頂きました多くの引き合い案件とご要望事項を整理し新たな受注に向けた活動を精力的に行って参ります。

お引き合い案件が多くお客さま訪問が遅れがちになっておりますが、間もなく追いつく予定でございますので、今暫くのご猶予を賜ります様お願い申し上げます。 尚、先月実施致しました久し振りの海外慰安旅行も予定通り笑顔とともに全員無事帰国致しました事をご報告させて頂きます。
お陰様で弊社社員のモティベーションはいやが上にも向上致しております。
今期もお客さま感動 (Customer Delight)を獲得する為に全社一丸となって行動して参ります事をお誓い申し上げます。

草々

平成22年12月13日大雪



12月冬至
 
年末のご挨拶
 

謹啓
柚子湯と冬至の関係は諸説ありますが、今年も残り僅かとなりました。 還暦を迎えた10年前、天平の歴史を色濃く残した奈良県平群町に終の棲家を構えるに当たり、「冬至の日当りを見ればその土地の良し悪しが分かる」と物 知りの友人に教えてもらいしました。
教え通り冬至その日に現在地を選んだお陰で只今は快適な住環境を楽しんでおり、せっせと植え続けた植栽が年中我が家を賑わしてくれています。
来年は私も愈々70歳、古希を迎えることになりました。丈夫に育んでくれた父母兄弟に感謝し、これまでお世話になった社会や周囲の皆様に少しでもご恩返しをさせて頂くため、百歳まで残りの30年間はボランタリー精神を前面に、健康に気をつけ過ごしてまいりたいと思っております。

「金糞(粉)小鳩」で始まり「腐(草)の根仙菅」へ来て更に末期症状が顕著になった民主党無節操無理繰連立政権は、曰く1年数カ月の試運転期間中に、もはや十二分に無能を曝け出し日本を劣等国に貶め世界中に大恥をかきました。世界の為とはおこがましくとても言えません、せめて日本国と日本国民の為速やかに、お願いだから退場してください。
無為無策で過ごすあなた方の毎日に日本の国益がどんどん失われております。お気付きでないのでしょう、過去に例のない程あなた方の退場に大声援を送る有権者が増殖中です。

さて、社業でございますが、お陰様で前期は既にご報告通りの好決算でございました。また、2010年度Mastercam販売でも2位のドイツ販社に追い上げられましたが、なんとか振り切り10年連続世界1位が確定いたしました。2011年度は景況感の悪化と日本国内のものづくり業界の低迷で厳しさが増すと予想されておりますが、新市場と新商品の開発で企業そのものの付加価値を高め全力で前年を上回る業績を確保する為全社一丸となって計画を実行中でございます。

尚、弊社今期の第1四半期はMastercam X5のリリースとSolidworksアドインソフトHSMworksの市場におけるご好評に加えて、次世代型NCデータ最適化システムである時短「GTANG」商品のリリースを四月に控え実に忙しい日々を過ごしている状況でございます。特に、時短「GTANG」ソフトはお客様に評価して頂くために評価版の貸し出しが始まります。2月から抽選で100名のお客様にモニターとしてお使い頂きますので、近々公表致します応募要領に従い奮ってご応募ください。

最後に本年も弊社ジェービーエムはお客様のご愛顧のお陰をもちまして、恙無く越年させて頂ける事を感謝し、兎年の来年皆様の大飛躍とご多幸をお祈りしつつ本年最後のご挨拶に代えさせて頂きます。

謹白

 
平成22年12月22日師走


back number |2006| |2007| |2008|2009|