> 会社案内>会長挨拶> 2011 back number
 
2011 会長挨拶
株式会社 ジェービーエム 代表取締役会長 佐野 泰治
 
1月小寒 1月大寒 2月立春 2月雨水 3月啓蟄 3月春分 4月清明 4月穀雨 5月立夏

5月小満

6月芒種
6月夏至
7月小暑
7月大暑
8月立秋
8月処暑 9月白露
9月秋分
10月寒露
10月霜降
11月立冬
11月小雪
12月大雪
12月冬至
           


1月小寒
皆さま、新年明けましておめでとうございます。
旧年中は一方ならぬご愛顧を賜り誠に有難く心から厚く御礼申し上げます。

正月寒気の影響か、霙交じりの元旦に例年通り奈良桜井の大神(オオミワ)神社へお参りし、今年1年の社業躍進をお誓いして参りました。
昨年11月4日の左足踝複雑骨折後、年齢の割には順調に快復し元旦の朝から散歩を再開、当面はリハビリ通院と並行して徐々に元通りの毎日4キロ米まで延ばしていく予定です。 さて、昨年は、国体護持を忘れ主権を放棄してまでの無恥外交と党内抗争に明け暮れ己の保身を優先し国民を無視した無能政権の「有害実行」政策で戦後の日本が未だ嘗て経験した事のない程の閉塞感に覆われた1年でありました。
2011年の夜明けに際して、忌まわしい昨年を能動的に吹き飛ばすに相応しい「一陽来福」という言葉に期待をかけたいと思います。「家貧しくして孝子(出)いづ」と言う言葉が受動的で空しく感じられる今日この頃、この国の政治経済が既に危機的状況にあることに若い気力も知力も体力もある政治家志望者が気付いていないからなのでしょうか。
ならば、喫緊の課題である政治経済の建て直しは老若男女全ての国民が英知を集めて解決するしかないでしょう。
しかし忘れてならないのは実に卑近で小さな事かも知れませんが春の七草を粥にして食する等、四季折々の風雅かつ理に叶った日本の伝統文化を守る事も同時に大切だと思います。 最後に何時ものように社業について少々・・・
昨年10月の第42期開始に当たり、他通貨との比較で円の独歩高が続く事による国内製造業の先行きを考慮し、弊社では組織の単純化による社内活性化(見える化)を図って参りました。実施に当たり幾分の戸惑いはありましたがお陰さまで新商品開発システムと市場開発システムが軌道に乗ってまいりました。
独創的な商品の開発と機械及び工具メーカー様とのコラボレーションは社内に新しい風を巻き起こし、社員のモティベーションを向上させてくれています。
1昨年から2年間は不況期のセオリーである「出るを制する」を積極的に実施して各種団体が主催する展示会に全部出展を見合わせるなどの経費節減と、徹底した社内の贅肉を削ぐことに専念いたしました。その間お客様や社員のストレスが高まったのも事実でしたが、結果的に同業他社よりいち早く不況からの脱出に成功いたしました。うれしい事に、社員からの年賀状には例年にも増して気合の入った言葉が並んでおりました。
弊社ジェービーエムは今年も全社一丸となって社内改革を行い、品質向上を目指しお客様感動を勝ち取るため、英知を絞ります。そして市場を改革する意気込みで新カテゴリー商品の啓蒙活動も含めて精力的に各種展示会に出展してまいりますのでどうぞご期待下さい。

平成23年 睦月小寒

 
1月 大寒
 
寒中お見舞い申し上げます。

謹啓 小寒の氷大寒で解く、と言う言葉がありますが、今年は大寒が一番寒いようです。元旦から再開した早朝の農道散歩はことの外厳しく、久しぶりに耳が千切れそうな感覚を覚えます。
節分頃に頭をもたげる土筆も今年は少し遅れそうな予感がします。

先ごろ成立した第2次菅民主党不条理改造内閣ですが、正に主義主張が不透明且つ場当たり的な人選で、愈々国民は戸惑うばかりです。
党内政局を棚上げし、野党との予算審議をしっかりやった上で、無駄なバラマキ子供手当を廃止し、総辞職、解散総選挙を選択する事によりボロ負けを少しでもカバー出来るのではないでしょうか? さて、弊社では、来るべき2015年の創業45周年に向けて新市場開発と新商品開発を強力に推し進め、それを基に「売上倍増計画」を立案中であります。

人が思いついたことは必ず実現できると言う話を聞いたことがあります。どんな目標も諦めなければ目標のままで存在します、諦めるから目標が達成出来なくなるのです。
お客様感動獲得を至上命題としつつも、 「勝つまでやるから勝つ」この強い信念で今年1年を有意義に過ごしてまいる所存であります。
古希を迎えた今年、私は理論と優しさを備えた優秀な後継者を見極める為今まで以上に物分りの悪い会長で過ごそうと心に決めています。

平成23年 睦月大寒
 

 
2月立春
 
冠省
如月と言う言葉のもつ厳しい寒さのイメージと立春という暖かい言葉の響きが、どうにも両立しない昨今の気象です。
弊社webでお馴染みの山頭火研究家戸田画伯からも、ご自宅奈良崇芸庵の厳しい季節状況を知らせる絵手紙が届いておりました。
本日友人蝸牛庵子から男梅(飴)の差し入れがあり、蕾の膨らみかけた我が家の枝垂れ梅を眺め乍、未だ来ぬ鶯を空想して一粒頬ばってみました。
年4回の節分でこの時期の節分だけが目立つのは、翌日の立春が気持ちを新たにする新年を表す言葉だと一部で理解されている所為なのでしょう。 先日、始まったばかりの通常国会で民主党政権の開き直りと無能振りには只々あきれ返るばかりで、間違った選択をするとこうまで取り返しが付かなくなると言う事を心底思い知らされました。大切な予算委員会の最中に議事進行する委員長が携帯電話を操作するなどのニュースを聞くにつけ、現政権はもはや死に体です。“野党の皆さんもう一押し頑張れ” さて、弊社では愈々今月から工作機械メーカー様や工具メーカー様との共同展示会を全国各地で多数開催し、夫々が知恵を絞って日本のものづくり業界の活性化のため需要を喚起し市場の掘り起こしに精を出します。 社団法人日本工作機械工業会では2011年の受注を凡そ1兆円と目論んでありますが、中進国の躍進なども考えると業界サバイバルのため、この際業界全体で世界市場を視野に入れた協業体制の構築が必要なのではないでしょうか。 私どもCAD/CAM業界では既にM&Aを含め厳しい淘汰が始まっております。管見ではありますが、最終的にCAMソフトウエアは数種類の殆ど同じ機能性能の商品に収斂されるものと思います。 同じ機能性能であれば、お客様と社員が如何に満足と感動を得続けるかが、企業サバイバルの生命線であることは言うまでもありません。
私どもJBMは世界市場を見据えて、お客様サイドに立った先進の商品開発と心の籠ったそして充実したサポート体制の継続で今後の10年を成長しながら走り続ける覚悟でございますので、今後ともご指導ご鞭撻の程をよろしくお願い申し上げます。

平成23年如月立春
 

2月雨水
 
冠省
そろそろ土筆が出る頃かなと思っていた矢先、殆ど雪の降らない平群町に10年ぶりの大雪が降り、長靴姿ではしゃいでいる私に、子供みたいとご近所さんに笑われてしまいました。
真っ白な銀世界の中、庭の梅や桜の枝に雪が覆い、霧氷と見紛う美しい景色を楽しんだ3日後にまたまた大雪が降り、高速道路上で2時間余り通行止で立ち往生致しました。
大雪後の雨水の今日、朝の散歩で土筆を発見、昨年は狂い咲きの蒲公英に先を越されましたが今年は土筆の勝ちでした。 さて、大きな話でありますが、アフリカ、中東の雲行きが怪しくなってきました。当然のことながらいくら力を誇示しても世の中はアメリカや中国の思惑通りには動かないようです。
反面思惑すら持ち合わせていない日本の政治家には日本国だけではなく世界に対する大局観が無い為、こんなに素晴らしい資質を持った日本人や日本国が、世界の中でどのような役目をすればよいのかと言う指針すら国民に知らせることが出来ないのです。
結果的に日本国に無関心な日本人をせっせと製造し、まさに世界から置いてけぼりされているのが悲しい現状ではないでしょうか。 次に中位大きな話として国内に話を戻すと、諸官庁が保有している埋蔵金と言う話も許しがたい話であります。脱官僚と言いながら、25,000もある官僚たちの天下り先に税収の半分に匹敵する人件費を垂れ流し、縮小整理すら出来ない今の政府は巨大な汚職を奨励しているのと同じ事をしているのです。 最後に小さくて大きな話の内の一つですが、日本人の3人に1人は花粉症を患っているという昨今の状況にも拘らず、国土を痩せさせ、大量の花粉を振りまく杉の植林に未だに巨額の補助金を出し続けていると言う情報は、官僚たちの発想の貧困さと無駄遣いを指摘し修正すら出来ないこの国の政治の現状を顕著に表しています。 毎月弊社Web編集者から会社のことを主に書くようにと催促されているのですが、今の政府が総辞職するまでは、勘弁してもらおうと思っております。
と言うわけで、最後に少しだけ会社情報を・・・
弊社が世界に先駆けて開発したNC加工業界向けの新しいカテゴリー「CAOシステム」商品名NCデータ最適化ソフトGTANG日本語名「時短」が愈々リリースの時期を間近に控えてまいりました。 web上に於きまして3月20日まで100名様のモニターを募集中でございます。抽選締め切りまで1ヶ月ばかり、既に多くのご応募を頂いております、所定の書式に則りご応募ください。
又、昨年のJIMTOFで弊社代理店KECコーポレーションが発表致しましたsolidworksアドオンのCAMソフトHSMworksが強力な機能を武器にして静かに市場に浸透しつつあります。
弊社の輸入するMastercam for solidworksもうかうか出来ませんが、弊社ではこれからも代理店様共々お客様のご要望に対して真摯で迅速な対応を心がけてまいりますのでご期待下さい。  平成23年 卯月雨水
 

3月啓蟄
 
冠省 
毎年の事ですがやっと我が家の枝垂れ梅が2〜3輪開花、啓蟄とともに鶯が鳴き始めました。

奈良東大寺では1260年間一度も途絶えた事のない二月堂に於けるお水取り行事も始まり、派手に火の粉を振りまく大松明の裏側で、2月中旬から戒壇院別火坊で粛々と行われている練行衆の厳しい修行も当月15日で満行、関西地方に本格的な春が訪れます。


私は当社創立前に英国資本のDODWELL&COMPANYという会社に勤務しておりました。
この会社は私どもジェービーエムがNC工作機械業界とお付き合いする切っ掛けと成った米国フリーデン社の紙テープ鑽孔タイプライターであるフレクソライターを輸入しておりました。まことに懐かしく自慢めいた話ではありますが、この商品は日本のOA時代のさきがけとなり、40数年前の日本のビジネスシーンで一世を風靡した商品でした。
この会社は日本では既に消滅してしまいましたが、勤務していた人たちの同窓会が今も継続しています。この度80歳を越す長老から世話役の引継ぎを仰せつかり、不徳では人後に落ちない私が小徳を積むべくお手伝いさせて頂く事になりました。


さて、3月は当社42期の中間決算月ですが、年間保守契約の更新月とも重なり各拠点からの報告はまずまずと言える状況でございます。
然しながら国内製造業特に中小製造業の落ち込みは実に厳しい状況であると言えます。政局を楽しんでいるかのようなノーテンキ政権を早く退陣させ、無理かもしれませんが賢い新しい政府で大局観を持って日本経済の立て直しを急がなければ成りません。

最後に、私どもが世界で始めて提唱致しましたNCデータ最適化システム「GTANG」は愈々ベータ版の無料貸し出しを始めます。現在Webから多くのご応募を頂いており3月22日に抽選会を行い順次貸し出し致します。締め切りまであと僅かです、お急ぎご応募下さい。
今月は本社でMAZAK様とのコラボショー、他の事業所では幕張、岐阜、静岡での山善どてらい市など多くの場所でGTANGのお披露目を致しますので、是非ご来場頂き弊社社員にお声掛け下さいませ。

平成23年弥生・啓蟄

 

3月春分
 
謹啓 
マグニチュード9.0と言う史上最大級の悪夢が現実となってしまいました。
お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りいたしますと共に、罹災された方々に心からお見舞いを申し上げます。また、未だ行方のわからない人々の安否が気にかかります。
どうか助かっていて下さい、遠くて非力な私達には祈るほか術がありません。

さて、地震と津波に起因する最悪の原発事故が日本政権史上最悪の政府の管轄下で起きてしまいました。
日本上空の風は基本的に西から東へと吹きます。しかし北にも南にも西にも吹く風もありますから原発より西、南、北の地区だから安心と言う事はありません。間違いなく放射能汚染物質は飛来します。
政府は情報を操作せず、最悪を見越し、原発から最低でも半径100キロメートル以内の住民を強制的に立ち退きさせる決断を早急にすべきであります。
その上で、世界中の知恵をお借りして炉心溶融を大至急押さえ込まなければ、未曾有の大惨事に発展してしまいます。
ア菅さんが言っている様な「東京電力がつぶれようが」国民は知った事ではありません。
原子爆弾が福島県で爆発した以上の事が起きる可能性があることを国民に知らせるべきです。 

         ・・・・取り返しの付かない事にならない様に皆で祈りましょう・・・・

弊社ではこの事態を踏まえて関東東北のお客様1000社強と連絡を密に取り従来以上のサポート体制が維持出来るよう全社挙げて対応致しております。
残念ながら弊社仙台営業所は壊滅状況でありますが社員は運よく難を逃れる事ができて現在は関東支社にて待機いたしております。関東東北のお客様でお困り事がございましたら、是非弊社までお知らせ下さい。

去る15日関西に春を呼ぶ奈良東大寺のお水取りが済みました。こんなに辛い気分の春分の日は初めての経験かもしれませんが、私たち日本人は決してギブアップしません。
過去にも私たちはあらゆる困難を克服し世界で一番の国に育て上げてきた実績があります。
国連事務総長が「日本はこれまで世界
中を助けてきた、今度は世界が日本を助ける番だ」と言ってくれました。世界からの暖かいご支援を糧に私たち日本国は再び立ち上がります。
私たち日本人は決して負けはしません!


平成23年弥生・春分

4月清明
 
謹啓 
桜の季節が到来しました、東日本大震災被災地では根こそぎ桜の名所が流されたという知らせを聞きました。
被災地の方々の心情を慮ればお花見どころでは無いでしょう、でも桜は季節が来れば咲きます、お叱りを覚悟で申し上げますが、何時までも悔やんでいないで前進しましょう。どうか日本復興への手向け花として、清明のこの時期暫し手を休めてこの美しい国花を観賞 してはいかがでしょう。
現在の日本国は、憲政史上最悪の総理大臣の下で起きている先の見えない非常事態なのです。僅かな知恵や機能する筈のない保身組織からのレベルの低い情報をうのみにして海外からの高度な技術援助を断るなど、天災を人災に置き換えてしまったような有様です。
この政権を選んでしまった事も含めて、済んでしまった事を書きかえる事はできません、しかし教育の行き届いた国民の英知を集めれば、これからの日本をどの様にでも組み立て直す事が出来る筈です。「立ち上がれ日本」などと言う政党があった様な気がしましたが、今立ち上がらなくて何時立ち上がるのでしょう。私見で実に僭越ですが、この非常事態は菅首相の即時退陣と全政党の時限大連立による顔の見える賢いリーダーの下で乗り切るしか方法はないと思います。事態は予断を許さぬ状況であります、国破れて山河あり、それでも私たちはこの国に住み続けたいのです、住み続ける価値のある国なのです、私は今これ以上に状況を悪化させないリーダーの出現を心から願っております。・・孝子いざ出なん・・・
自衛隊と米軍さん有難う、海上保安庁さん有難う、警察さん有難う、消防さん有難う、東電現場関係者さん有難う、被災地役場職員の皆さん有難う、お医者さん有難う、ボランティアの皆さん有難う、世界の皆さん有難う。そして今こそ「日本力」を結集し日本人の日本人たる所以を世界に発信し、再び世界の頂点に立つべく再出発しようではありませんか。

最後に社業について少し・・・弊社第42期上半期は、景気回復の遅れがちな中お陰さまで前年同期比5%アップの売上で推移いたしました。
今月25日から全国のお客様が一律のサポートが受けられるように専任サポートセンターを関東支社内に設置いたしました、勿論従来通り土曜日も休まず営業いたします。
また、先月22日で締め切った新しいカテゴリーのソフトであるCAOシステムのベータサイト抽選で100社様に貸し出しをさせて頂く事といたしました。既に発送が始まっておりますので、結果のフィードバックをよろしくお願い申し上げます。
この商品の製品版「GTANG」Version-1の出荷は5月の連休明けを予定いたしております。こんな時期だからこそJBMはお客様と共にあります、共にがんばりましょう。 合掌 平成23年 卯月清明

 

4月穀雨



冠省
 
桜の季節も過ぎ、穀雨が酷雨にならなければいいなと思う今日この頃です。事故発生から1ヶ月半経過しましたが未だに原発事故の先が見えません。相も変わらず失言続きの草の根おじさん、次は放射能をたっぷりと浴びたほうれん草を閣僚全員で食べるパフォーマンスは如何ですか?
本当に貴方は運の悪い人ですね、思えば市川房江さんに見出されたのが貴方の今日の始まりです。何をしても何もしなくてもこれだけ長期間に亘って国民の誰もから嫌われ、世界中から信頼されなくなった日本国の首相は過去に一人も居りませんね。
人徳の無さは本当にお気の毒なくらいです、心からお悔やみを申し上げます。得体の(枝の)知れないスポークスマンさん・・あれだけシャーシャーと恥の上塗りコメントを出せるものだと感心してしまいます。草の根と関わったばかりに、国民に嘘をつき続け、全世界に恥をさらける事に成った貴方も、気の毒で運の悪い人です、貴方にも心からお悔やみを申し上げます。
尚、本日で私のブログでの政治向きの話を終わりに致します。少なからぬ読者の皆様長らくお付き合いいただき有難うございました。嫌言毒舌蒙御免

さて弊社は現在第42期の下半期に突入いたしました。新しいカテゴリーであるCAOシステム「GTANG-時短」NCデータ最適化ソフトがリリース出来る事になりました。購入受付は4月25日出荷開始は5月10日となっております。本年末までの販売予定数は800本でございます。お客様からのフィードバックでより良い物へ進化させて参りますので多くの情報をお寄せ下さい。 海外向けは2012年1月からの発売を予定いたしております。

最後に弊社東北営業所はお陰さまで、ようやく平常に営業が出来る状態まで戻る事ができました。この大震災を教訓にお客様との関係を強化してさらに進化する事をお客様にお誓い申し上げます。 草々
平成23年 卯月穀雨
 

5月立夏
 
謹啓

 今月のご挨拶は悠長な季節の文章から書き起こすことがどうしてもできません。
昨年の5月私はハイチ、チリ、スマトラ、中国青海省とたて続けに起きた地震とアイスランドの火山爆発の事を書きました。経済面ではアメリカの執拗なまでのトヨタバッシングがありました。
誠に残念ながら今年は日本一国で鳥インフルエンザから始まり、火山爆発と超大地震それに伴う大津波、更に原子力発電所の放射線漏れ事故が起き、物流の寸断、電力不足による生産の停滞と世界中の不幸を一手に背負い込んだ格好です。
極東の更にその一地方である東北地方の出来事が世界中の自動車産業や先端産業に大きな影響が出た事は、改めて日本の技術の偉大さを再確認するよい機会にも成りましたが、これら最先端部品生産技術の復旧には大至急全力で取り組まねばなりません。 私たち日本人は過去の歴史を振り返るたびにこのような逆境で途轍もない力を発揮してきました。今東北では行政を頼らず、自分たちの力で粘り強く出来る事からやろうと言う機運が広がりつつあり、それに呼応するかのように日本中の老若男女が我こそはとばかりにボランタリー精神を発揮しこの国の復興を信じて活動を開始致しました。
その広がりは医療、農林漁業、牧畜業、教育、商業、工業であったりと、ありとあらゆる分野に伝播し始めました。この目に見えない絆を感じた今、もはや日本は、精神面で復興を成し遂げたと言ってしまってもよいと思います。
どこの国もそうであるように、遅まきながら行政機関が予算を伴った行動で追随せざるを得なくなります。
神戸の大震災では約10年で復興を成し遂げましたが、この度の超大震災は全国民が力を合わせて行動し10年かけずに復興して、世界中をアッと言わせましょう。きっと我が大和民族はこの大事業を成し遂げる事でしょう。 今、奈良平群の郷では何時ものように何時もの花が咲き、雉が鳴き、鶯が鳴き、ツバメが新しい生命を育んでいます。
原発事故の早期収束を願い、被災地の方々の心に思いを馳せながら、この美しい国日本
を共に楽しめる日が早く来る事を祈っております。
草々
平成23年 皐月立夏

5月小満
 
冠省

今年は連日の大震災関連ニュースで残念ながら季節の移り変わりを感じる暇もなく悪戯に時間ばかりが過ぎ去っていきます。
東電や政府の発表を鵜呑みにする日本のマスコミは何時から自分の足で現場情報の取材をしなくなったのでしょう。
マスコミが真実の追究をやめると言う事は、日本国民が独裁国家の情報統制下にいるのと同じ事であり、正しい情報が得られなくなれば、風評被害が広がるのも当然の帰結であります。

今回の原発事故は国と東京電力の大きな判断ミスにより、人災にしてしまいましたが、勇気を持ってもっとしっかりとした取材をしておれば現在の危機的な局面を変える事ができたかもしれません。今からでも遅くはありません、これ以上海外から揶揄嘲笑され亡国の憂き目に遭わないように、マスコミ関係者の猛省と積極的な行動を促したいと思います。 さて、毎年恒例の優秀社員表彰は製造業にとり厳しい状況にも拘らず売上、利益とも前年を大きく上回った名古屋支店社員全員がその対象となり、表彰状と金一封を贈りました。社員の奮起の結果、お陰さまで当社今期下期以降の業績見通しは比較的明るい方向にあります。もう一つ明るい見通しの訳には新商品のCAOシステム「時短GTANG」のリリースが挙げられます。
現在ご試用(ご使用)頂いているお客様や工作機械メーカー様からの熱い視線と共に、多くのアイディアを頂いており、この商品のこれからが非常に楽しみになってまいりました。 最後に私事で恐縮ですが、昨年11月の骨折事故以来左足踝に挿入されていた幅2センチ長さ7センチのチタン板を取り外す手術を行う事になり、6月の第1週からおよそ2週間のお休みを頂く事になりました。来月中旬から元気に出社できる事を楽しみに致しております。梅雨に向かう鬱陶しい時期に入りますが、色とりどりの紫陽花が幾分かでも気持ちを癒してくれる事でしょう、ご自愛専一に。
草々
平成23年 皐月小満

6月芒種
 
謹啓

台風が2度も接近し、連日の黄砂に見舞われ晴れ間の少なかった5月が過ぎて例年より18日も早い梅雨が到来しました。そして昨年弊社の本社玄関前に植えた大輪で綺麗な紫陽花が見事に咲き始めました。平群の自宅でも紫陽花と薔薇が今を盛りとばかり咲き競い、自宅周辺の田圃では田植えも始まりました。季節はまさに初夏であります。 未だ収束の見通しがつかない福島原発事故の状況は私たちにとり気の重い話であります。追い打ちをかけるように国民を愚弄して憚ることのない厚顔無恥の馬鹿でまぬけな政治屋とその同志たちが演じる自在の茶番劇は国民にストレスと放射能を撒き散らかしています。!!誰か助けてー、全くお手上げでーす!! さて、6月1日は弊社期待の新商品NCデータ最適化システム「GTANG」リリースを記念し、本社におきまして関係者全員によるKICK-OFF集会が開催されました。
当面は国内のみの販売で年内500本完売を目指して社員一同一丸となって販売推進を致します。従来商品の販売促進と共にこの商品の市場投入で第45期に於ける売上3倍増計画を実質的にスタートさせました。
同時に、当月から「GTANG」の具体的な市場啓蒙活動を各地展示会で実施致しますので、是非ともお近くで開催いたします勉強会にご参加賜りますようご案内申し上げます。 私事ながら前号でお知らせ致しました左足踝から8p×1pのチタンプレートと8本のネジを31日に無事取り出し2日に退院、6日から仕事に戻ります。
お見舞い下さいました皆様にはこの場をお借りして、厚く御礼申し上げます。
今後は健康管理に十分留意しながら7月ごろから出張や芝刈りにも復帰したいと考えております。
  

平成23年 水無月芒種

6月夏至
 
冠省

夏至とは言いながら、連日の雨と暗いニュースで気分まで滅入ってしまいそうですが、皆様方は気分転換に何か実行しておられますか?
近頃の私は、日曜日には欠かさず、家の近くに湧き出た天然温泉「音の花温泉」で一風呂浴びた後、友人から貰ったあご(とびうお)の干物をかじりながらキンキンに冷やしたビールで暑気と鬱陶しさを吹き飛ばしております。
又、最近の平群町界隈では、水田に水が張られて後、夕闇と共に蛍が乱舞しており、ご近所さんと共に空気の美味い田舎住まいを楽しませて頂いております。 さて、東京電力と国とのズブズブの関係が白日の下に曝されたにもかかわらず、未だにその強力な関係を維持したままこの危機を乗り切ろうとしている様は我々国民には全く理解が出来ません。東京電力、原子力保安院、国、どの説明も国民は誰も信用していません。国民を放射能に曝しながら嘘をつき続ける今の体制は誠に許し難い事であります。
酷会で馬鹿共が椅子とりゲームをしている間に日本を取り巻く国々による日本侵略が始まっております。優秀な官僚は馬鹿な政治家に対するサボタージュを止めて今こそ日本国民の為に働かねばなりません。 卑近な話ではありますが、社業を少しお話致しますと、新しいソフトNCデータのパスラインを最適化する「時短-GTANG」とMillの粗取り加工で飛躍的に加工時間を短縮するソフトの「HSMworks」の販売が軌道に乗り、社内が活気付いてまいりました。
国内各地で開かれております展示会や説明会では多くの方々からご好評と賞賛のお言葉を頂いております。
是非これらの商品をご使用いただき皆様の会社の省コストをお図り下さい。
わずか15分のデモを見るだけでその省力化、合理化を目にする事ができます。 
JBMはこれからもズーッと皆様のお会社の省力化に取り組み続けます。 草々
平成23年 水無月夏至

 
 

7月小暑
 
冠省

大震災後4ヶ月、半夏生が過ぎ梅雨のようで梅雨でない、その上政治の空白が追い討ちをかけ、何もかも狂った日本は熱帯地方に編入されたが如き事象が顕在化して参りました。気象予報官は失敗してもいいから、梅雨明けを宣言しては如何でしょう?そうでないともっと狂った輩が次々と出て来るかも知れません。
一言の我慢が出来ずに馬脚を表したのか、はたまた馬菅氏との刺し違えに失敗したのか、辞職した馬鹿大臣も然り、任命権者の厚顔無恥さ加減はもっと深刻で性質が悪いと言わざるを得ません。
ここまで恥知らずの首相は過去には見当たりません。こんな大馬鹿者に日本国を任せる判断をした我々日本人は今こそ過去に例の無いほど懺悔し全員丸坊主になって猛省し日本を立て直さねばなりません。
戦後のドサクサ紛れに李承晩ラインで竹島を韓国に占領され、尖閣諸島にいたっては日本人にさえも上陸を許さず、日本の漁業専管水域を11隻もの軍艦に無届け通過を許し、ここは中国領だと大声で叫ばれ、北方領土をあたかも自国領のごとく既成事実化してしまいそうなロシアに、何も出来ない体たらく、今の似非草の根左翼政権にはわが日本国を守ろうなどと言う意識を全く感じ取る事が出来ません。
自国を自国が守るのは世界の常識であり、それすらも簡単に放棄してしまう無能で無知蒙昧集団が運営している政権はこの国から永久追放すべきです。
国を守る気概の無い政権に大震災からの復興など出来るわけがありません。心底直ちに退場すべきと重ねて申し上げておきます。
ご賛同いただける読者は是非monk@jbm.co.jpへご投稿下さい。

7月2日から3日間に亘り開催されました且R善主催の大阪「どてらい市」では久しぶりに実りと賑わいのある展示会が出来たと思います。
関西のGDPだけでも世界の10位に入る規模がありますから、我々関西人が日本を支えるくらいの意気込みで復興するまで頑張り抜きたいと思います。

最後に、私事で恐縮ですが、今月末に私のサラリーマン時代の先輩同輩たちによる同窓会を開催する事になりました。私のweb回想録に詳しく述べておりますが、DODWELL商会という会社は既に無くなりました。しかしどっこい卒業生たちは皆さん社会の色々な場面で元気に活躍しております。
OB会の詳報は8月にお知らせいたしますのでお楽しみにお待ち下さい。 草々 平成23年 文月小暑

 

7月大暑

冠省

まさしく、「孝子出でなん」なでしこジャパンが凄いことをやってくれました。
早朝3時に目覚し時計をセットした甲斐がありました。日本中をこんなに明るいニュースが飛び交うのは久方ぶりの事です。世界で1番です。2番ではダメなんです。
政治経済外交全てが停滞している現在の閉塞感を打ち破ってくれた功績は他に置き換えるものが無い素晴らしいものでした。心から感謝とお祝いを申し上げます。
彼女たちの純真なスポ魂を恥ずかしげも無く無断借用して、ニヤニヤと「私も諦めずにやれる事をとことんやらせて頂きたい」と言った馬鹿な悪乗りおじさんには同じ日本人として恥ずかしい思いで赤面してしまいました。 今日は日ごろの暑さと鬱憤を晴らすべく菅話辞典を考えて見ました。


菅口令と緘口令】 ◎後先考えず、自由に喋りまくり周囲を著しく撹乱させて一人悦に入ります。
◎物事の良し悪しをよく理解し、決して周りに迷惑を掛ける事なく胸に収め、徳を積みながら周囲を安心させます。 諦菅と諦観】 ◎全体を見通すことなく、善悪はさておいて、傲然と決して諦めないと悟る事。
◎全体を見通し、本質を見極め、悟り諦め超然とした態度を取る事。 悪菅と悪寒】 ◎寒気に反吐のおまけがつき周囲に放射能とストレスを撒き散らします。
◎風邪の前兆ですから早めの手当てで気をつければいいでしょう。 朝菅夕菅と朝刊夕刊 ◎前日も今日も何もかもごちゃ混ぜで、無理やり辻褄を合わせるため、意味不明のニュースになります。
◎前日のニュースと本日午前中のニュースで連続性が在り辻褄が合います。
鈍菅と鈍感】 ◎頭が悪く、感が鈍い様子を言います。
◎これは同じ意味です。

菅見管見

◎ 浅学菲才を省みず、僅かな知識をひけらかし周囲から失笑と憎悪を買う様で、能無い鷹は爪を出すとも言う。

◎浅学菲才をも省みず管から見えるほどの狭い了見の意見を恐る恐る述べて周囲の反応を観察しながら、畏まっている様。

菅口変と肝硬変


◎悪い取り巻きの話を鵜呑みにし、確認もせずに口から出任せのほらを吹き続けた結果、顔色も悪くなり口の形が変形し、嘘の話しか出来ない様を言います。
◎少しの遺伝と日ごろの不摂生や酒の飲みすぎにより肝臓に異変が起き、顔色も悪くなり死に至る危険性あり。
さて皆さん、この鬱陶しさを熟語作りで楽しみませんか?ビールでも飲みながら暫し笑って過ごしましょう。
合掌

平成23年 文月大暑
 

8月立秋
 
 
冠省

奈良県平群町では、名産品の小菊と葡萄の出荷が最盛期を迎えております。
本来真夏の筈なのに、何故か朝晩涼しさが続き、過ごしやすい反面、日照が少ない為稲穂の生育が悪く、はや月見草が咲き、秋の七草撫子や桔梗も慎ましやかに咲き始めました。
今の日本、何となく全てに亘って狂った感じがしないでもありません。日本のどこかで日課の様に地震が起きる昨今、列島の地下で巨大な鯰が蠢いているのでしょうか?
地上ではカン(癌とも言う)という渾名の悪あがき鯰が茶坊主たちの甘言を取り入れ、ぬめぬめ、ぬるぬると右へ左へ上へ下へと、大声でのたうちまわり世界や日本国民に大迷惑と大損害を与え続けています。黙って綸言の意味を少しは理解しなさい。
そして、癌君!君はもうこれ以上頑張らなくても、既に歴史に残る世界一恥さらし者の称号は獲得出来ています。君はこれ以上何を求めているのですか?
皆さん、悪あがき鯰を一発で仕留める方法をご存知の方は是非ご一報下さい。

さて、今月も菅話辞典を続けたいと存じますが、今回は読者の皆様のご意見ご感想のご投稿をよろしくお願いいたします。

変換と変菅   堪忍と菅忍   痴漢と恥菅  監督と菅得   官僚と菅了  霜寒と葬菅   突貫と突菅  看護と菅後   癇癪と菅癪  遺憾と異菅  塩干と厭菅   管理と菅利  旱魃と菅罰   観念と菅粘  監視と菅死  関心と菅震   陥没と菅没  感嘆と菅嘆  草々


平成23年 葉月立秋
 

8月処暑
 
冠省

平群の里に稲穂が咲き出しました。朝夕の涼しげな虫の音と共に無花果や気の早い柿や栗が実をつけ、早朝のDOGウオークで季節の移ろいを楽しませてくれています。
さて、葉月処暑は暑さを処すると同時に夏の終わりをも意味します。処暑と共に菅君を葬る事ができるのは、日本国民にとってありがたい出来事であります。元首相の中曽根大勲位が「過去も未来も無い政治」を目指した政治家と、見事に菅君を表現しています。
退任後はお遍路をしながら「温故知新」を唱え続けてキッパリと政界からの引退をお勧めします。処暑の今宵は悪口三昧のわが身を反省しながら一人菅葬会で喜びを押し殺しながら冷酒でも呷りますか・・・
さて、原発事故は早急な復旧が焦眉の急ではありますが、事故関係者が口裏を合わせて嘘八百言い続けた結果、今後数十年間立ち入りの出来ない福島原発周辺住民と、広範囲に亘る多くの被曝者の実態を思う時、現政権執行部と東電幹部の責任が免れる事は決して無い事を重ねて表明しておきます。
このような困難な状況下にあって、現行システム上、実に残念ながら実質的に次期首相を決めることになる民主党の代表選びにおける各候補のビジョンの無さはこの国の未来を考える時、暗澹とした気持ちにさせられます。

これ以上国際社会から評価の落としようが無い現状を打破するためにも、ここは解散総選挙で民意を問う事が最低限必要ではないでしょうか?
内政、経済、金融、外交、防災、国防どれをとっても、無政府状態然とした現状で我が日本国が平穏で居られるのは、賢く冷静沈着で辛抱強い日本国民のお陰であることを為政者どもは決して忘れてはなりません。
解散総選挙が出来ないのであれば、せめて全政党がイデオロギー論争をさて置き期間限定の「挙国一致救国復興内閣」結成に向けベクトル合わせをしては如何かと思います。
そしてもう一度世界1の日本を目指そうではありませんか!


最後に弊社第42期も残り1ヶ月強となりました。ほぼ計画通りの業績と共に新開発のGTANGシステムはいよいよ、販売に拍車がかかって参りました。
国内での啓蒙活動も進み、来月はハノーバーのEMOショーに於いて、始めて海外向けに宣伝活動を開始いたします。
提携先のドイツIntercam社アンドレアス・スツート社長のご好意で小間を提供してくださいました。EMOへお越しのお客様は是非共ドイツIntercam社の小間へお立ち寄り下さいませ。



草々

平成23年 葉月処暑


9月白露
 

冠省

わが郷平群では、台風12号の影響も軽微で、処暑から僅か2週間で稲穂が随分成長し、清々しい季節の始まりを告げる白露を迎えました。
しかし、この台風12号は死者行方不明者100名超、河川の氾濫、土砂崩れと、甚大な被害を近畿地方に残して日本を横断しました。
今年に入ってからこの国を襲った震災、津波、原発事故、風水害、とは別に対策の遅れている普天間基地を含めた対米関係、わが国固有の領土である尖閣諸島や竹島、北方四島も気になります。国を乱し、その乱れに気付かず、外務省の役人任せの民主党政権に本当の外交は荷が重いのではないでしょうか。

今が旬の果物の柿は、身の丈(体力)以上の実を自分で落とし、木を守るという賢いDNAを持っています。民主党も、人手を煩わせて根元から切られる前に、柿の木を見習って自ずから実の数を減らしてはいかがでしょう。
「喧嘩をやめてもうノーサイドにしましょう」こんな話に拍手しなければならない左右寄せ集め低レベル集団は、まともな政策議論すら出来ずに、右顧左眄、右往左往して主権者たる国民に眼を向けることなく、自分達中心の政策を追い求めております。
阿呆(アソウ)政権以降、日本国民には、今にも爆発しそうなストレスがたまっております。しかし今回は、千歩譲ってこの度の野田新内閣の行政手腕を暫く見守ってみようと思います。辛抱強い国民が民主党に与えたラストチャンスです。


さて、世の中にビッグマックカレンシーと言う通貨の簡易評価基準があります。
マクドナルド製ハンバーガーが世界各地で、いくらで販売されているかを較べ通貨の価値を推し測る手法です。1ドル76円、1ユーロ110円が果たして正しいのか、今月中旬以降のドイツ、デンマーク出張で検証してみようと思います。
私どもの工作機械業界は前年対比大幅な受注増加の状況ですが外需頼りの中で
の超円高は売れても殆ど儲けにならない厳しい状況にあります。
国内需要が頼りの弊社は新製品の市場展開で比較的に健闘している状況でありますが、この42期、本当にお客様に感動していただけたか、ご満足いただけたか、お役に立てたかを、自問自答しながら來月から始まる第43期の経営構想を慎重に練っております。


合掌
平成23年 長月白露


9月秋分
 

冠省

14日から2週間に亘りEMOショー出展と市場調査のためヨーロッパを旅して参りましたが、予想より寒く日本の初冬に近い気候に戸惑いながらも、風邪一つ引くことなく全員元気に無事帰国いたしました。
ハノーバー・メッセ滞在中にインターキャム社はじめ、多くの出展者に大変お世話になりましたこと、この場をお借りして厚く御礼申し上げます。
デンマークやドイツでは原子力発電に慎重な姿勢を見せていたお国柄の所為か、多くの発電用風車が広大な景色に溶け込んでいる状況を大変羨ましく感じました。イギリスでは今後7,000基の風車を作る計画が進んでいます。
景気低迷中では有りますが欧州夫々の国では強い政治力で国の進むべき方向を
明快に国民に指し示しています。わが国政治家も大いに見習わねばなりません。



 

デンマークやドイツでは原子力発電に慎重な姿勢を見せていたお国柄の所為か、多くの発電用風車が広大な景色に溶け込んでいる状況を大変羨ましく感じました。イギリスでは今後7,000基の風車を作る計画が進んでいます。
景気低迷中では有りますが欧州夫々の国では強い政治力で国の進むべき方向を
明快に国民に指し示しています。わが国政治家も大いに見習わねばなりません。

25日に帰国してみると、平群の郷では出発前とはうって変わり、黄金に色付いた稲穂が頭を垂れ、彼岸花が畦道を彩り、爽やかな秋が到来しておりました。
間もなく秋の風物詩である稲刈りと秋祭りが行われる事でしょう。
私はこんな日本の秋が大好きです、空気が澄み綺麗な花々が咲き乱れ、食欲をそそるおいしい山海の珍味が出揃い、夜長を司馬遼やお酒と共に過ごすのはまさに至福であります。

「萩、尾花、葛、女郎花、藤袴、桔梗、撫子」秋の七草


さて、弊社は今月が第42期の決算月でございますが、お陰さまで最後の追い込みが奏功して今期の営業目標を達成する予定です。お客様のご支援と社員の頑張りに心より感謝致します。
年内にはアメリカでMastercamの新バージョンでありますX6がリリースされる予定でございます。弊社では社内の検証を済ませた後、出来るだけ早く出荷できるように体制を整えておりますので、今しばらくのご猶予を賜りますようにお願い申し上げます。
最後に、今期1年を通じてお客様感動を獲得すべく社員一同頑張って参りましたが、その成果をお客様の声として頂戴できるように今後も尚一層の努力を積み重ねて参ります事をお誓い申し上げます。

草々


10月寒露
 

謹啓
爽やかに空気の澄んだ良い季節になり、平群郷では稲刈りが始まりました。
今年も豊作だと、朝の散歩中によく出会う村の古老が喜んでいます。
生駒の裏山には紅葉の兆しがあり、この界隈だけを見ていると、出雲大社ヘ出向いていらっしゃる神様は居なくても全く平和で心地よい時間が流れているようです。

さて、弊社前期第42期は対ドル対ユーロで実力以上の評価を受け国内製造業にとって厳しい円高環境の中にも関わらず、新たに投入した商品の成功もあり前年対比105%強の売上を達成させて頂きました。
これも、偏にお客様の力強いご支援の賜物と心から感謝し御礼を申し上げます。

先月のハノーバーに於けるEMOショーでは、中国企業や韓国企業の台頭が目に付きましたが、円高対策など何も出来ない日本政府とは無関係に、日本企業が随分頑張っているさまを垣間見て、とても心強くよく思いました。
弊社も負けじと、初めて海外向けに紹介させて頂いた新商品{NCデータ最適化ソフト「GTANG」システム}に反響があり、大きな手ごたえを感じております。
合理主義の徹底した海外販社やメーカーから新たな要望や改善点の指摘などもあり、次期バージョンにて対応すべく現在改善と機能追加を急いでおります。


最後に、第43期目を迎えた今期は、例年通り組織の見直しを行い、会社はお客様にとってどうあるべきかを更に訴求してまいります。「顧客感動」を獲得する為にやるべき課題は山積しております。今期も弊社ジェービーエムは全力でこの課題に立ち向かう覚悟でございますので、旧に倍するご支援ご鞭撻をお願い申し上げます。

謹白

平成23年 神無月 寒露

 

10月霜降

戸田 勝 「風に謳う芙蓉峰」
 

冠省 
日本列島が亜熱帯に編入された結果、本来霜の降りる季節にも拘らず、やっと秋の気配が進み、各地の秋祭りもにぎやかに執り行われ、早朝のドッグウオークにとっても快適な気候になってきました。
我が家の愛犬は14歳のビーグルで名前をカレンと言い、小麦粉と鶏肉アレルギーですが、年中食欲旺盛で寒くなるほど元気になる不思議な犬です。
彼女は犬より人間が好きで、奥様連中による賑やかな井戸端会議に吼えもせず聞き入るなど、ご近所の愛玩犬になっている感じです。

芸術の秋ですからそれに相応しいトピックを2つ、つい先日山頭火研究家で弊社のWebにも毎号掲載されております戸田画伯と久しぶりに一献傾けましたが、戸田さんの新たな境地を開く「風に謳う芙蓉峰」と銘打った素晴らしい絵画をご紹介いただきました、ただ残念ながら売らないという事でした。
もう一つ私事で恐縮ですが、実姉が写真で2度目の二科展入賞を果たしました。

自慢話はこれ位にして、今回は社業について少しお話いたします。
今期の営業計画はMastercam最新バージョンのリリースや最強粗取りCAMシステムでありますHSMWORKS、NCデータのパスラインを最適化するGTANG、MastercamのC-hooksであるhybridpath , Hybridmenu,NC−CONVERTER等など自社開発商品の市場評価を受け、前期比110%アップの売上計画と200%アップの経常利益を目標に組織変更による人事異動を伴いながら新体制で運営してまいります。

更に、前期から始めた次世代のジェービーエムを担う人材を育てるための中堅社員スキルアップトレーニングが10月末で15週間に亘る第1フェーズを終え、11月から第2フェーズへと入ります。
新たに組織された人事部教育担当者による合計4回の個人面談を含めて更に深くモラルとスキルを高める教育が進められています。
同時進行中のISO取得のための社外講師との勉強会と基準つくりもほぼ予定を終え外部審査機関との最終調整に入ってまいりました。
社員のモチベーションも高く、第43期の弊社は大きく変貌を遂げる事になると思います、どうぞご期待下さい。 


合掌

平成23年 神無月 霜降

 

11月立冬
 

冠省 
11月と言うのに関西の日中の気温は25度を超える夏日です、アメリカ東部では季節はずれの大雪による停電で、コネチカット州のCNC社やニューハンプシャー州の弊社駐在員事務所は陸の孤島と化しました。
ライフラインが簡単に壊れてしまうアメリカでは、常日頃から個人が自己防衛のための対策を立てているそうです。
だからと言って、官民ズブズブの関係構築の為必要以上の電力供給量を確保して、それを全て国民負担にする日本の現状は異常としか言いようがありません。

さて、「どぜう内閣」が出来て間もなく2ヶ月が過ぎます、今のところ馬脚ならぬ泥脚は現していないものの、これまでの民主党政権の力量から考えて、今のように官僚任せで何もしないのが良いか、何かするほうが良いかは思案の分かれるところであります。
喫緊の課題である震災復興の為の第3次補正予算を成立させる事は大切です。
ただ、外圧を悪用してTPPの様な熟慮すべき案件を、数の力に任せて実行に移す愚挙は避けなければなりません。
円高場面で、原稿を読みながらの介入説明では、全く迫力はありませんし、入れ知恵頼りの付け焼刃大臣と揶揄されても仕方の無い話であります。
今、世界中がこの日本国の一挙手一投足を見ている事に心配りの出来る大臣でなければなりません。大臣全員と民主党政務三役に猛省と猛勉強を促すものであります。

社業にお話を変えます、お陰さまで、弊社第43期は順調に滑り出しております。手始めに当月9日から行われるCNCソフトウエア社の世界代理店会議がコネチカット州で行われますが、MastercamのリセラーNo.1の弊社からは3名が参加し新バージョンリリースに向けた詳細打ち合わせが行われます。
ここでは、今年もJBM製Mastercamアドオンソフトを発表いたします。
国内では、25日26日に箱根温泉での全員参加による恒例のキックオフ会議が行われ、新役員の発表と新組織による経営方針が全社員に周知徹底される事になります。2日間、お客様にはご迷惑をお掛けいたしますがご容赦願います。


草々

平成23年 霜月 立冬

 
 

11月小雪
 
1. CNCのマーク・サマーズ社長によるプレゼンテーション
製品マーケットシェア、市場マーケットシェア、そして米国内における工作機械の地域分布を地図情報によって分析した説明が行われました。

2. 海外リセラー向けGTANGデモ
他にも色々とシミュレーション商品が展示されていたが、唯一無二の「パスライン最適化」機能が海外リセラーにも高評でした。

3. 海外リセラー向けhybridpathデモ
日本国内で300本の実績があるhybridpathが遂に本格的に海外デビュー!複数の工具をコントロールし加工時間を削減でき、大粗からモデルに忠実な中仕上げ加工まで行えるハイブリッド粗取りは多くの海外リセラーの注目を浴びました。

4. Cammie Award
四半期ごとにCNCから送られる優秀技術賞。今回はMastercamカンファレンスにて初めて授賞式が開催されました。また日本人では初めて、弊社技術翻訳の東が受賞いたしました。

5. Cammie Award
受け取った表彰盾です。

冠省 
先日までの暖かさから一転、天気予報に雪マークが付き始めました。
わが街平群では前日の23℃から今朝は初霜が降り季節が劇的に変化しようとしています。
稚内や旭川では零下4℃、徳之島では突然の竜巻で人間が200mも吹き飛ばされタイ国に於ける水害も我々の想像を超えて未だに広がりを見せており、自然の前に人間の無力をさらけ出しているようです。

さて、どぜう内閣の動きは現状可もなく不可も無い状況ですが、毎年45兆円もの赤字国債を発行し続け、国民につけを負わせながら、対外的に無意味な大判振る舞いの姿勢を続けているのは、正直残念でなりません。せめて事後でも良いから、日本国の国益に適っているのかを充分国民に説明する必要があります。
又、国内で行われている、強制力の無い事業仕分けのような茶番劇は直ちに中止し真面目に国政に取り組む姿勢を示し、実務では政治家以上に優秀な役人を厄(介)人扱いせず、もっと役立たせる事こそ大切ではないでしょうか。 社業に話を切り替えます、先日米国コネチカットで行われましたCNCソフトウエア社における世界リセラー会議で、Mastercamの新バージョンV-6の英語版リリースが当月28日に決まりました。
弊社では予め準備作業を進めており年内に日本語バージョンを出荷いたします。
ギリギリではありますが、毎年1回のメジャーバージョン更新を2011年も実行できる事になりました。
同時に行われましたアドオンソフトの説明会で弊社が発表致ししましたG-TANGHYBLID-PATHNC-CONVERTERHYBLID-MENU、は世界中のリセラーから大きなご評価をいただきました事をご報告させていただきます。
尚、この会議で弊社技術翻訳の東(あずま)課長が、本年度最優秀技術者としてCNC社から表彰されました。お客様からの情報を的確に報告し、新機能の追加とバグフィックスに大きく寄与した事が表彰の対象となりました。
お客様、販売店様のご協力に感謝申し上げます。

草々

平成23年 霜月 小雪

 

12月大雪
 
謹啓 
2011年も愈々あと僅かになりましたが、この一年はまさに日本国にとって大きな試練の年でありました。10大ニュースを探すのに苦労する事も無いほど天災人災含めてありとあらゆる事象が国中を襲い、この国の力を改めて問い質されているのではないでしょうか?特にこの時期にあって現政権の無能ぶりは目を覆うばかりであり、もはや取り返しのつかない寸前まで来ております。

前回のブログでも申し上げましたように大臣の不勉強と官僚の無神経には唯々あきれ返ると共に、それを同じ狢とも言える同党の幹部がこれを非難するという呆れた構図を見るにつけ、無責任政党の民主党にこれ以上、この国を任せられないと痛感いたしております。
更に、投機的とも思える対外通貨に対する貨幣価値の高騰は7割を輸出に頼るわが国工作機械メーカーにとり受容しがたいボディーブローとして効き始めております。
このまま国が無策を続けると我が工業会のみならず、国内製造業の空洞化は避けられない状況であると言えます。

これらを防ぐため、震災復興で国内に資金をつぎ込み、景気浮揚策を早急に実施し、官僚組織の膨大な無駄遣いを押さえ、更にスイス型の無制限為替介入や海外からの投機資金への逆金利制度の導入など打てる手はすべて実行すべきであります。
さて、私どもが在籍する財団法人日本工作機械工業会では去る12月1日に目出度く設立60
周年の記念日を迎えました。100社に余る多彩な企業が同じ業界で共栄している状況を自慢
したいと思います。昭和26年に当工業会が設立されて以来、およそ30年間は欧米製を追い越す事に専念しその後は27年間世界1位を継続してまいりました。
しかし、これからは量を追い求めても絶対に世界で1番は取れません。27年間継続した生産額世界第1位の座も2年前のリーマンショックの時にあっさり中国に明け渡してしまいました。性能でも追走してきている後発機との差別化のため、デザインや性能面を更に強化して他を寄せ付けない商品開発こそ急がれるのです。
ボーダーレスの時代の考え方として、空洞化を厭わず近隣に大きな市場があると言う考えも出来るが、それには日本人の言語力の貧弱さを解決する教育も急がねばなりません。

20年前までのわが国は学力、経済力とも世界で1,2を争う国でありましたが、その後の総合力の低下は目を覆うばかりです。
これからの人口減少を考える時、現今の教育制度の改革と中身の充実こそがこの国を再生させる一番の早道ではないでしょうか?
例年11月には発表いたしておりますMastercam販売世界1位はドイツのインターキャム社と競り合っており、次回のブログで発表できるのではないかと期待しております。

謹言
平成23年 師走 大雪

2011年11月25日、全社員が熱海に集合。第43期キックオフミーティングを行いました。
翌日は十国峠、大湧谷、芦ノ湖遊覧と関所跡などを訪ねました。

12月大雪

謹啓 
15年間日課となっている早朝の散歩、ダウンジャケットの襟を立てる季節となっても愛犬と一緒なら意外と平気で楽しいものです。 この原稿を書いている最中に今年の十大ニュースが一つ消えるニュースが流されました。1941年生まれの私と同い年で、アジア最後の独裁者北朝鮮の金正日が儚く逝ってしまいました。北朝鮮のこの人物ほど日本人に嫌われた人も珍しかったのではないでしょうか。
彼が行ってきた数々の無法行為がこの世に未だ存在する事を、私たちは不思議に思うのですが、苦しみながらもそうは思えない人民が彼の国にはたくさん居る事を忘れてはなりません。早くこの国の国民を自由な世界に解放して差し上げたいものです。 これに絡み未確認ではあるが北京の日本大使館が北朝鮮難民の保護をしませんと言う、国際的に常識である大使館の治外法権を放棄するような文書を中国に提出したとの報道があることを、あえて述べておきます。日本国は堂々と自国の権益を主張できる外交官を大使として派遣しなければいけません。遅きに失した感もあるが自民党の幹事長が、尖閣諸島に自衛隊を常駐させると発言しました。是非日本の世論として盛り上げましょう。
ついでに、先の日韓首脳会議に触れたいと思います、日韓首脳会談における李明博大統領の韓国国内世論を気にした発言に私たちはあたふた反応する事はありません。
彼は来年の大統領選挙では不利が予想されています、彼ほど日本を理解し、協力的な韓国大統領はおりません、日本の権益を守るためここは彼に貸しを作っておきましょう。 最後になりましたが、今年一年間お客様には大変お世話になりました、この場をお借りして厚く御礼申し上げます。
そして、私どもJBMは厳しい情勢の中にも拘らずしっかりとした業績を残せました事をご報告させて頂きます。
来る年が皆様方にとりまして良い年でありますことをお祈りして本年の最後のご挨拶に代えさせていただきます。

謹言


back number |2006| |2007| |2008|2009|2010|