会長挨拶> 2017 長月  
がんばろう!日本

冠省

処暑が終わり、わが家の庭先で秋の七草の桔梗が咲き、柿、栗やざくろが小さな実を付け、周囲の田圃では稲穂が実り始めました。近頃毎週末に行く弊社別荘のある滋賀県日野町では「すしチェーン」店専属の広大な稲田が早くも穂を垂れて黄金色に変わりつつあります。
反面梅雨明け後の日本各地では局地的に発生するゲリラ豪雨の影響で野菜が高騰し、家計を直撃していると言う嬉しくないニュースも散見されます。聞くところによると梅雨の時期より雨の多いのは9月で次が10月だそうですから、今後も野菜の出来具合が心配ですね。

私事で恐縮ですが、先月26日から5日間休暇を頂き、株式会社岡本工作機械製作所の石井社長様のご招待を受けて株式会社大日金属工業の小山社長様とタイ国の岡本工作機械製作所を訪問してまいりました。勿論両社とも私共の優良顧客先である事は言うまでもありません。
久し振りのバンコク市内は歴史的建造物を残しながら急速に繁栄した先進国並みの町並みに変貌しておりました。
同時に訪問した潟^イ山善では旧知の福田さんがASEANの総責任者を務めておられて、昔ながらの愉しい会話で旧交を温めてまいりました。 
プミポン前国王のお葬式が間もなく行われるとの事で王宮には弔問記帳客でごった返しており、市中の混雑振りは10年前より酷く感じました。
工場見学はそこそこ(笑)に、連日に亘る美味しいタイ料理の数々を堪能しつつ タイマッサージ、ゴルフ、観光と大変愉しい5日間の旅でした。

さて、手前味噌で恐縮ですが、私のブログは新世紀に入ってから約17年間も継続して参りました。お陰さまで熱心なフォロワーに支えられて、時には温かい激励とも取れるお叱りを頂き、時には諌めながらもお褒めを頂き、何時の間にか私のライフワークの一つに成りました。
時には、脅迫めいた意味不明のお手紙を頂く事も有りますが、私が持つ強力な鈍感力と、日本国憲法で保障された言論、表現の自由を満喫享受しながら今後も正しいと思う所信を表明します。但しあからさまな営業干渉や恫喝には、従来同様強力に対処致してまいります。

「年々歳々花相似たり」の反面「歳々年々人同じからず」移ろいやすい人の心の無常や世相を忖度し乍ら「正義」を追及し、「信義」を追求してまいります。
古諺「盗人猛々しい」はけだし名言です。

序ながら私の座右の銘は「小人驕り(おごり)て泰(ゆたか)ならず、君子泰(ゆたか)にして驕(おご)らず」です。
社員と共有する合言葉は「勝負は勝つまでやる、だから勝つ」です。

今月も中国話です。
中国の次期政治局常務委員候補から、習近平の懐刀で69歳の王岐山が排除されるかも知れないと言う噂ですが、これは、習近平の独裁を嫌う前国家主席胡錦濤派の巻き返しか、完全独裁を勝ち取る為、廃止されていた「党主席」復活を狙う習近平の奇手か今は定かではありません。
権力闘争中の彼らにとっては生き死に関わる切実な問題ではあるが、ロシアを例にするまでもなく、過去にマルクス主義を標榜した社会主義国として完成された国がない事を思うと、中国や北朝鮮は未だに未成熟な社会主義国といえるでしょう。
個人崇拝と社会主義独裁を目指す危険な人物習近平の最後の悪足掻には今後も充分に注意が必要です。

最後は恒例の会社情報です・・・
今月ドイツ・ハノーバーで行われるEMO国際見本市に弊社から4名が参加いたします。それに先立ち私と他2名でCNC本社を訪問しMastercamの国内市場問題を片付けてまいります。
続けてカナダを訪問しロボットシミュレーションシステムOCTOPUZのV.2.0最新情報の打ち合わせを行い、その足でハノーバーへ飛び社員と合流する予定でございます。およそ15日間にわたる長旅ですが、安全を心がけて行って参りますので、ご安心ください。

さて、つい先日営業現場から実にうれしいニュースが飛び込んでまいりました。
弊社が総輸入元のロボットシミュレーションシステム「OCTOPUZ」の大量受注に成功したとの報告です。カナダのOCTOPUZ社から総代理店獲得後2年間の地道な営業活動が実を結び、好調な民需に引っ張られ今回官公需での大量受注に繋がりました。
CAIシステム「VERISURF」販売強化の為潟激jショージャパンの元社長に続きもう1名元社員が加入してくれました。これで名古屋のエンジニアリング事業部に強い味方が増えました。
私共の第48期は今月末に決算期を迎えますが、社員の高いモティベーションに支えられ無事49期を迎える事が出来そうです。
来るべき2020年の創業満50年まであと僅かですが、気を緩めることなく100年企業を目指して精進致す所存でございますので、お客様には更なるご支援ご鞭撻を伏してお願い申し上げます。
  草々
筆者近影
 
2017年 長月

信義信頼を大切にする
もの造り開発支援企業
株式会社 ジェービーエム
代表取締役 佐野 泰治(文責)

弊社へのご要望や苦情はご遠慮なくmonk@jbm.co.jp まで

1月睦月 2月如月 3月弥生 4月卯月 5月皐月 6月水無月 7月文月 8月葉月    
 
今月の投稿
back number |2006| |2007| 2008| |2009| 2010 | 2011 | 2012  | 2013 | 2014 | 2015 | 2016 |