完全3軸加工とデザインがリンク!
Mastercam Mill の機能を含みます!
●柔軟、簡単関連性の複合面粗取りと仕上げ加工
●パワフルな高速加工動作
●サーフェイス、ソリッド、ワイヤーフレームの共存環境下での加工が可能
●新ツールパス・ロジックFZT&EMMTが高品質、高精度加工を実現
 
ツールパス詳細調整機能を利用する事で仕上り面の品質が向上
     
Millでの粗取りパターンに加え、各種渦巻き粗取りパターンが利用可能な、複合面粗取りポケット加工   等高線仕上げ加工
 
 
素材形状を認識し、エアカットの少ない粗取りを実現   ブレンド加工
     
 
ペンシル加工   取残し加工
 
3D-HST(ハイスピードツールパス)
高速切削機能
 

高速切削とは、高速な主軸回転速度、高速な送り速度、特殊な工具動作、特殊な工具などを組み合わせて切削を行う加工方法です。高速切削は、迅速な工具の方向転換と美しい仕上がりを実現します。
Mastercamには、この斬新かつ力強い切削技術を活用するための高速切削機能が揃っています。

 

 
多段ホルダー形状を定義して干渉チェック
 
 
高速加工に適した滑らかな加工動作   退避動作の最適化
 
負荷一定のオプティコア粗取り   負荷一定のオプティキャビ粗取り
 
負荷一定のオプティ取り残し粗取り   等高線と3D緩斜面パスを融合した、
ハイブリッド仕上げ加工
 
●PortExpert ポートエキスパート(オプション)
 
X5 MU1より導入可能になった新しい複合軸オプション(Multiaxisとは別オプションになります。)
 
可能な限り3軸動作で加工し、工具の届かない位置は同時5軸動作になる。
ポート加工の工具軸制御に必要なスパイン(背骨)ラインを自動計算可能。
ポートエキスパートの同時5軸動作は、反転するような動きを生成せずポートの両端を滑らかに移り変わります。

ダイアログボックスでの操作目的説明
●PortExpert切削     ●PortExpert衝突
 
 
ポートエキスパートの実加工事例
海外で開催された、自動車レース業界展示会でのポートエキスパートの様子です。
動画の内容は簡単なレポートして翻訳してあります。

 
●BladeExpert ブレード・エキスパート(オプション)
 
ダイアログボックスでの操作目的説明 → BladeExpert
 
 
  ブレード・エキスパートの実加工事例  
   
1つ戻る