フィーチャーベースのドリル加工支援ソフト
【開発元】cnc
Mastercam 2017対応版  
何時間もかかっていたドリリングの反復作業が数回のマウスクリックで完了するようになりました。
CADシステムのソースに関係なく、ドリル操作を自動的に検出します。どのCADシステムから作成されたサーフェイスやソリッドモデルであっても、自動的に動作します。

複雑なドリル図形や操作を自動的に作成し、ソリッドモデルや2D図形に挿入します。
マウスを一度クリックするだけで穴はすべて認識され、ドリルの操作ライブラリにある加工方法が自動的にドリルの形状に適用されます。

<ProDrillのメリット>
●ドリルの形状を瞬時に自動認識し、サーフェイスやソリッドモデルからツールパスを作成。
●新しいドリル形状のテーブルを自動作成し、形状テーブルへ新しい測定値を追加。
●パーツと工具の衝突の可能性をグラフィカルに検出。
●全平面に対しても、選択する平面にのみに対しても、全操作に関するドリルツールパスを作成。
●最適生産(中間スペース、最大ドリル深さ、リーミング、反対側平面の仕上げ、など)工具を最適に使うためのグループツールパス。
●加工時間に関する詳細なレポートと、操作リスト付きドリル点データ。
●2Dからのドリル形状の作成、またはソリッドモデル上へのドリル形状の作成。
●時間とコストを削減します。

<ProDrillの特長>
●簡単で使いやすいグラフィカルなインターフェイス。
●遭遇するドリル形状をインテリジェントに分析。
●ドリル形状を自動的に認識し、もともとのCADシステムの種類にかかわらず、ソリッドやサーフェイスモデルからドリル操作を作成。

●どの平面にあってもドリル操作を自動的に認識し、すべての形状、または選択した形状のどちらへでもツールパスを作成する。

●工具とドリルの形状の間の干渉をチェックする。
●工具の使用を最適化するためにツールパスのグループ化を行う。
●主要CADシステムからドリル形状をリーミング形状やタップ形状にインポート。SolidWorks、Topmold、CATIAV5などに対応
●ドリル形状にあるリーミング形状やタッピング形状をグラフィカルに設定、認識し、自動的に加工する。
●最大ドリル深さを超えたドリル形状を自動的に認識し、加工する。
●工具平面回転を最適化して余分な空白部分での動作を最少に抑えることで加工時間を短縮する。
●カウンターボアや直径の大きなシリンダーを加工するのにサークルミーリングツールパスを自動作成する。
 
<シンプルでも複雑でも、ドリル加工を短時間に処理>
1度マウスクリックするだけで2軸〜5軸パーツのドリル形状を認識し、ドリル加工を自動的に指定してツールパス操作を作成します。
 
いろいろな種類のドリル形状がある3Dパーツ。
 
マウスクリックを1回するだけで
全ツールパス上の複雑なドリル形状を認識。

     
もう一度マウスクリックすると全平面に全ツールパスを瞬時に作成。
 
<ドリル形状の作成>
ProDrillはマウスクリックを1回するとドリル形状とそれに関連するフィーチャーを、もう一度クリックするとツールパスを作成してくれます。操作の数に限界はありません。2D 描画にあるサーフェイスドリル形状を作成したらそれに対応するドリル加工を自動的に指定してくれます。