ツーリングメーカーのホルダー形状をMastercamホルダーデータとして登録できるシステムです。ビジュアルな画面で目的のホルダーを簡単に検索、登録することができます。
登録したホルダーデータは、ツールパス作成時の干渉チェックやシミュレーションでの確認など、多くのシーンで活用出来ます。

2D図面をベースに、複合ドリル加工パスをシンプルな操作でスピーディに作成します
寸法表示付きで視認性抜群のブラウザーにより、オペレーターの選択操作を軽減します。
適合ボタンをクリックすると、適合した穴に  ライブラリを割り当て
 
「図面を読み込み、DrillAutoを起動すると全ての穴形状を認識

コピー元とコピー先のファイルを同時に操作可能です。

OKをクリックするとツールパス作成


ブラウザーの寸法表示は、カタログ表記名ファイルを自動認識して表示、
もしくは寸法定義のデータからの自動切り替え表示。

複合穴ライブラリはMastercamのインターフェースにのっとって  簡単に作成できます

高速なファイル読み込み、柔軟なブラウザー表示。表示位置を記憶するので、
2画面拡張表示の動作環境でも操作性抜群!

加工ソート順も8パターンから選択できます

ご協力メーカー(50音順)
加工ソート順も8パターンから選択できます