IT導入補助金2022!対象ツール一覧

IT導入補助金の対象ツールとは?

ITツールを導入するための補助をしてくれるIT導入補助金ですが、補助を受けるには登録されている「IT導入支援事業者(ITベンダー・サービス事業者)」からの購入に限られています。IT導入支援事業者(ITベンダー・サービス事業者)は補助金公募前に各ツールの登録申請をしており、その登録されたツールが補助の対象となります。
単に導入したITツール全てが補助対象となるわけではないのです。

JBMエンジニアリングは「IT導入補助金2022」のIT導入支援事業者(ITベンダー・サービス事業者)に認められ、複数のITツール登録を済ませてあります。
CAD/CAMソフトのMastercamを始め製造業を支えるツールがありますので、各登録ツールをご紹介します。

2022年度 対象ツール一覧

Mastercam
Mastercam(JBMエンジニアリングは、納入実績9年連続日本一!です)は世界でもっとも 使われているCAD/CAM(キャド/キャム)ソフトウェアです。 シンプルな部品加工から難易度の高い複雑な形状加工に至るまで、プログラム作成のニーズに幅広く対応し、 その柔軟かつ革新的な機能性により世界中のさまざまな産業や教育現場で選ばれています。

SOLIDWORKS
理想の設計を実現する、世界中で選ばれている設計ツールです。直感的な操作性できるスケッチ機能や、製品設計に高度な信頼性を約束する革新的モデリング技術など、使いやすさ覚えやすさを追求し、世界中で成長度・注目度とも高いシステムです。

OCTOPUZ
OCTOPUZは、ロボットを効率的に活用し、工場全体の生産性を高めるロボティクスアプリケーションです。
各メーカーのロボットをオフラインでティーチングできます。PC内でシミュレーションを行うことができ、ロボット同士の干渉や作業者の導線確認も行えます。

CIMCO Edit Professional
CIMCO Edit Professionalは、Mastercamのストック・工具をCIMCO Editのストック・工具に変換し、すぐにCIMCO Editを起動して、NCデータの確認とシミュレーションをすることができる、JBMエンジニアリングオリジナルソフトウェアです。

NCVIEW
NCVIEWを使えば、Mastercamのストック・工具をNCVIEWのストック・工具に変換し、すぐさまNCVIEWを起動して、シミュレーションすることができる、JBMエンジニアリングオリジナルソフトウェアです。

VERICUT
VERICUTはNCプログラムから機械加工を高速にシミュレートする、NCマシンシミュレーションです。加工する前に、コンピューター上で部品を切削することができ、機械部品、治具、工具の破損、機械のクラッシュを防ぐこともできます。最適化モジュールを使用すれば NCデータのサイクルタイムを短縮でき、加工効率の改善も見込まめます。

編集⾧
編集長はNCデータの編集・確認・通信・印刷・描画シミュレーションを、簡単に行うことができます。工程番号の一括自動配置、シーケンス番号処理機能、プログラムナンバーの自動置換えなど、作業の効率化を図ることができるJBMエンジニアリングオリジナルのソフトウェアです。

その他機能拡張やサポートサービスなどの登録もございますので、詳細はお問い合わせください。

補助金申請するには?

IT導入支援事業者(ITベンダー・サービス事業者)に連絡をとる!
導入・支払い前申請が必要となりますので、最初の見積もり段階からIT導入支援事業者(ITベンダー・サービス事業者)を選ぶようにしましょう。

スケジュール確認をしよう!
2022年度のスケジュールを確認し、申請は計画的に行いましょう。

通常枠(A・B類型)1次締切分締切日5月16日(月)17:00(予定)
2次締切分締切日6月13日(月)17:00(予定)
デジタル化基盤導入枠
(デジタル化基盤導入類型)
2次締切分締切日5月16日(月)17:00(予定)
3次締切分締切日5月30日(月)17:00(予定)
4次締切分締切日6月13日(月)17:00(予定)

補助金の概要を確認しよう!
補助の対象となるツールの確認を行いましょう。類型によって補助金額や申請条件が異なる場合があるので、必ず最新の情報を確認してください。

関連記事

IT導入補助金2022とは? IT導入補助金は中小企業・小規模事業者が、事業や社内の課題やニーズに合ったITツールを導入するための、経費の一部を補助してくれる補助金です。その分IT導入補助金のITツールを導入することで、業務[…]

gBizIDを取得しよう
IT導入補助金はオンライン申請となります。補助金のオンライン申請には行政プラットフォーム「gBizID」を活用しますので、アカウントは先に作成しておきましょう。

関連記事

「gBizID」って何? IT導入補助金で必要とされる「gBizID」ですが、そもそも「gBizID」とは何なのか?よく分からないものはできるだけ登録したくないと感じてはいませんか? 確かに登録の手間はかかりますが、実は[…]

セキュリティ対策自己宣言をしよう
「gBizID」のアカウント同様に、「セキュリティ対策自己宣言」を行う必要があります。
「セキュリティ対策自己宣言」は、基本的なセキュリティに対する活動を確認・実行し、公に宣言するものです。星1つと星2つの2段階ありますが、星1つは日常から気をつけているような項目が多いため決して難しくはありません。こちらも申請を検討し出したらすぐに済ませておくとスムーズですよ!

関連記事

「セキュリティ対策自己宣言」って何? 「セキュリティ対策自己宣言」とは、中小企業自らが情報セキュリティ対策に取り組むことを自己宣言する制度です。ITが発展する現代社会では企業経営においても、ITの「活用」と同時に情報セキュリ[…]

・‥…━━━━━━☆・‥…━━━━━━☆・‥…━━━━━━☆

Mastercam導入するなら補助金を活用しましょう!

・経費を抑えることができるに越したことはない
・申請をサポートしてもらえるなら興味がある
・ぜひ採択実績の高い企業にサポートしてもらいたい

IT導入支援事業者(ITベンダー)であるJBMエンジニアリングでは、
IT導入補助金の申請手続きをマンツーマンでサポートいたします!
少しでも不安なことがありましたらまずはお問い合わせください。

CAD/CAMの導入ならJBMエンジニアリングへ!公式サイトはこちら

出典:「2021IT導入補助金」公式サイト
(2021 一般社団法人 サービスデザイン推進協議会)
(https://www.it-hojo.jp/)

2022 2022年 A類型 CAD CAM C類型 gBizID ITベンダー IT導入支援事業者 IT導入補助金 お知らせ コロナ対策 スケジュール セキュリティ自己宣言 ものづくり補助金 事業再構築 事業再構築補助金 会社情報 個人事業主 助成金 基本知識 法人 申請方法 補助金 補助金全般

>補助金をフルに活用してCAD/CAMソフトの導入をサポートいたします

補助金をフルに活用してCAD/CAMソフトの導入をサポートいたします

Mastercamをはじめソフトウェアを取り扱うJBMエンジニアリング株式会社が運営しております。
CAD/CAMソフトの導入をご検討の方や、販売店様。その他補助金を活用してより事業の効率化や売上アップを目指されている経営者様のお力になれるよう、補助金を専門に基礎知識から最新情報まで更新しています。

CTR IMG